あんぱんへの飽くなき探究から生まれた、木村屋總本店の新「キムラスタンド」のやみつきサンド

キムラスタンド

木村屋總本店の新業態『キムラスタンド』をご存知ですか? どこか懐かしいロゴをまとい、キュートなサンドイッチが並んでいる店舗を駅で見つけたら、それが「キムラスタンド」です。次から次へとお客さんが吸い込まれるように入っていく人気店の看板メニューを試しました。

木村屋總本店といえば、明治7年に日本で初めてあんぱんを考案・発売した日本のパン屋の老舗。創業から150年以上を経ているにもかかわらず、2019年には渋谷スクランブルスクエアに“あんぱんと牛乳のやさしさをかわいらしく楽しむ”ための新業態の店舗『キムラミルク』をオープンし、話題になるなど、あんぱんへの飽くなき探究心を持ち続けています。

その木村屋總本店から、新たに2020年にデビューしたのが『キムラスタンド』。こちらは“パンとのペアリングを楽しむベーカリー”をコンセプトにしており、ショーケースに所狭しと色とりどりのサンドウィッチが並んでいます。

看板メニューは、木村屋名物あんぱんのあんこを使ったサンドイッチ〈バターホイップ&あんこ〉。中にしっかりと重量感のあるバターが入っていて、食べ応えもばっちり。木村屋の程よい甘さのつぶあんの感触と風味、軽いホイップクリームとバターのコク、パンの塩気がやみつきになりそうです。写真奥は、生クリームに小ぶりのみかん1個分の入った、みずみずしい爽やかな〈温州みかんサンド〉。この他にもキューブ型のデニッシュに焼きそばが詰まったパンなど、ぺろりと行けてしまうラインナップばかりでした。

●サンドイッチやパンの記事、ほかにもいろいろ
手土産にも自分へのご褒美にも。一流フルーツたっぷり『銀座千疋屋』のフルーツサンド。
エビとキャベツの絶妙ハーモニー!老舗喫茶『コンパル』の絶品「エビフライサンド」
もはや幻?!「ペリカン」の食パンがいただけるカフェ
まるでスライスチーズ!薄くスライスしたようかんを食パンの上にのせてあんトーストに。

キーワード