手土産にも自分へのご褒美にも。一流フルーツたっぷり『銀座千疋屋』のフルーツサンド。

フルーツサンド 

サンドイッチ用のパンに生クリームとフルーツをはさんだフルーツサンド。日本オリジナルの魅惑の食べ物です。なかでも、バラがプリントされたブルーの箱に入った『銀座 千疋屋』のものは、特別感があり、手土産にもぴったりなんです。

銀座四丁目の交差点から数寄屋橋交差点に行く途中にある 『銀座 千疋屋。』 明治時代にフルーツ専門店からスタートし、「もっと気軽にフルーツを楽しんでほしい」と、大正時代に日本初の「果物食堂フルーツパーラー」を開業したという歴史があります。フルーツポンチを始めたのもこちらなのだとか。

日本中のおいしい果物が揃い、「ここで買えば間違いない」という超一級品が手に入ります。2Fのパーラーではパフェやカットフルーツが頂けますが、その中でも私が大好きなのがフルーツサンド(1,296円・税込)。店内でもいただけるのですが、テイクアウトもできます。

いちご、メロン、りんごなどのフルーツがサンドされたサンドイッチは、とにかくフルーツが甘い。フルーツの味が濃く甘いので、クリームの甘さは控えめ。しっとりしたパンとクリームがよくなじみ、シャキシャキとしたりんごの歯ごたえ、ねっとりとしたメロンの風味が際立ち、ケーキのようなサンドイッチなのです。かといって、ケーキのようにしつこくなく、後味はさっぱりです。

ターコイズブルー地に赤いバラのパッケージに入ったフルーツサンドは、ひと目見ただけでウキウキすること間違いなし。自分へのご褒美スイーツに、はたまた女子会の手土産に……。幸せをもたらす魅惑の食べ物です。

「乙女心」をくすぐられるレトロかわいいパッケージ。

バスケットに盛られたフルーツのロゴ。

銀座店の2階のフルーツパーラーに上る階段にもフルーツの意匠が!

築地店限定の「いちごとベリーのショコラサンド」も絶品。(期間限定)

/

キーワード