精神科医・和田秀樹先生に聞く、 60歳の壁に打ち勝つ健康法とは? vol.2

ふくよかな女性の絵

元気と若さのための努力がむしろ逆効果だった!?前回に引き続き 精神科医の和田秀樹先生が目からウロコの健康法を伝授します。

60代からは痩せよりちょいぽちゃ

ふくよかな女性の絵

無駄な脂肪のないスリムな体を求めて、食べたいものを我慢して、必死で走ったり筋トレしたり。いくつになってもダイエットが頭の片隅から 離れない女性たち。

「痩せ願望は現代の纏足。私は、行きすぎたダイエット信仰は人類の敵だと思っています。太る=醜い、痩せている方が美しい、なんて過去のファッションデザイナーが作り上げた幻想で、そもそも時代錯誤。特に年齢を重ねると、貧相な印象の痩せた体より「ちょいぽちゃ」の方が、顔もふっくらでシワも目立たないし若々しく見える。おいしそうに食事をしている女性は人として魅力的です」

「 世の中には、グラマラスな体だからこそ着こなせる服もたくさんあります。ボリュームのある体型を隠すのではな く、欧米の女性たちのように堂々とボディラインを出して、ゴージャスな大人の魅力をアピールすべきなんです。そして、ある年齢になると、男性が女性に求めるものは原体験である母親像。最近は男性の精神面も幼児化しているから、自分がリードするより包容力を感じさせる頼もしい女性を好む傾向も。 芸能界はともかく、リアルな世界では 「ちょいぽちゃ」の方が断然モテますよ」

『クウネル』2022年11月号掲載

イラスト/菊野友美、材・文/片岡えり、構成/今井 恵

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード