【津曲久美子さん×公夫さん】思ったことは心にためない。会話こそ夫婦円満の秘訣

津曲久美子さん・公夫さんらがお互いの顔を見て微笑んでいる

人生経験を積んでいくと、親しい人との関係性も少しずつ変化するのは当然のこと。良い関係を楽しめている夫婦が語る、つながりや今の距離感を保つ秘訣とは?

津曲久美子さん・公夫さんらがお互いの顔を見て微笑んでいる

昨年で結婚38年目を迎える津曲さん夫妻。子育てが落ち着いた50代で久美子さんが会社を設立、公夫さんは4年間単身赴任と、すれ違いが続いた時期もあるそうですが、60代前半に別荘として購入した熱海の家に4年前から居を移し、二人の関係性もまた変わったと言います。

「夫が関西の大学を退職して時間の余裕ができたのが大きいですね。夫婦一緒の趣味を見つけて楽しんだり、朝ごはんを夫が作るのもルーティーンになりました」

公夫さんがサラリーマン時代は朝、 顔を合わせる程度だったのが、今はほぼ24時間一緒。

「それでもうまくやれているのはお互い言いたいことを言い 合うから」と言います。「がまんしてストレスをためるほうが、ぎくしゃくすると思う。料理もほめてばかりじゃ上達しないから、味の感想も正直に言います」と久美子さん。

熱海に移住してから朝食は公夫さん、夕食は久美子さんが担当。「洗濯は私ですが、アイロンは夫のほうが得意なのでおまかせしてます」と久美子さん。

家事も得意なほうがやる主義。それも関係をスムーズにする秘訣のよう。「食器の片付けは僕の役目。久美は食事のあとゆっくりしたい。でも僕は使った食器をそのままにしておくのが大嫌いだから、だったら自分で片付ける。お互いペースも違うし、やってもらったことに対して、想像や期待と違う場合もあるけど、文句を言うだけじゃいけないよね」と公夫さん。

チョコレートプリンがテーブルの上に置いてある
おうち時間が増えたことをきっかけにスイーツ作りにも凝 っている公夫さん。写真のプリンやパウンドケーキなど、今やレパートリーは10種類以上あるとか。
俳句が書かれた本が開いてある
6年ほど前から始めた俳句が共通の趣味に。
/

そして仲睦まじい二人にあるのは尊敬と感謝の気持ち。誰とでも仲良くなれる明るく社交的な久美子さんを尊敬 していると語る公夫さんに、「何より私の話をたくさん聞いてくれることがありがたいです。これからもよろしくお願いしますね」と少し照れたように笑いかけた久美子さん。夫婦の会話の大切さが伝わってくるひと言です。

『クウネル』2022年11月号掲載

写真/山本倫子、取材・文/矢沢美香

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード