京都の老舗旅館『すみや亀峰菴』で アート作品の中に泊まる

京都の老舗旅館『すみや亀峰菴』の緑が眺めることのできる浴室

「京都の奥座敷」ともいわれる京都亀岡・湯の花温泉の老舗旅館『すみや亀峰菴』に、現代アーティストが手がける「アートルーム」が誕生!

アートと伝統の技がいたるところに

嵯峨嵐山から出発するトロッコ電車の終着駅でも知られている、京都府亀岡市。亀岡駅から車を15分ほど走らせたところに、京都唯一の温泉郷・湯の花温泉があります。「京都の奥座敷」ともいわれ、風情ある四季折々の景観を楽しめたり、保津川下りなどの観光の起点としても好適な場所です。

湯の花温泉の一番奥に構える1955年創業の『すみや亀峰菴』は、かつてジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が訪れたことでも知られる老舗旅館。昨年から手がけた館内のリノベーションには、犬島精錬所美術館をはじめ、国際的に評価される現代美術家・柳幸典さんを招聘。ギャラリーを兼ねたロビーとスイートルーム「呼風(こふう)」を新しく完成させました。

『すみや亀峰菴』の茅葺き屋根の門をくぐるとロビーを兼ねたアートギャラリー「百代(はくたい)」の姿が

『すみや亀峰菴』の茅葺き屋根の門をくぐり玄関を入った先には、ロビーを兼ねたアートギャラリー「百代(はくたい)」がお出迎え。葛飾北斎やアンディ・ウォーホルの作品を引用した「アント・ファーム シリーズ」が目を引きます。窓際には、京丹波に工房を構える陶芸家・石井直人さんの壺を展示。壺が置かれた床には、焼き物で使う棚板が埋め込まれ、染み込んだ釉薬の色の変化がそのままに生かされています。

ロビーの奥に備えたカウンターの土壁は、世界的に活躍する左官職人・久住章さんによって千利休の茶室「待庵」の壁を模したもの。アートと伝統の技がいたるところに見ることができます。

『すみや亀峰菴』の茅葺きの門
宿泊者を迎える『すみや亀峰菴』の茅葺きの門。
柳幸典さんによる「アント・ファーム シリーズ」の新作《Study for Japanese Art -Hokusai》
玄関には、柳幸典さんによる「アント・ファーム シリーズ」の新作《Study for Japanese Art -Hokusai》が、左官仕上げの黒に蒼が浮かぶ漆喰の壁に配されています。
京丹波で作陶する石井直人さんの作品
京丹波で作陶する石井直人さんの作品。壺を置いた床にまでニュアンスを与えています。
柳幸典さんの作品《Study for American Art -Flower》
左官職人・久住章さんが手がけたカウンターの土壁には、アンディ・ウォーホルのFlowerを引用した柳幸典さんの作品《Study for American Art -Flower》を展示。匠の技と現代アートのコラボレーションをしばし鑑賞。
柳幸典さんの作品《Nagato》シリーズ
ロビーを兼ねたギャラリー「百代(はくたい)」。現在は柳幸典さんの作品《Nagato》シリーズを展示。今後はさまざまなアーティストを招聘予定。
るライブラリー「徒然文庫」
宿泊者が自由に利用できるライブラリー「徒然文庫」には、ジョン・レノンとオノ・ヨーコのサインが。
/

140平米の部屋が丸ごとアート作品!

アートギャラリー「百代」から宿泊棟へと橋渡しをする“鉄のキューブ”をくぐって、いよいよアートルーム「呼風(こふう)」へ。

ベッドの奥にお風呂が見えている

部屋の間取りは、客間、ベッドルーム、ダイニングと、2つの露天風呂が付いた140平米のスイートルーム。

部屋の内部には「イカロスの回廊」と名付けられた廊下が左右に2本。一見、真っ黒な空間にドキッとさせられますが、壁は手漉き和紙で温かみのある風合いに仕上げてあります。回廊の先には、石井直人さんによる「破れ壺」の中から炎がゆらめきます。

石井直人さんの作品「破れ壺」が見える回廊
回廊を行ったりきたりしているうちに、だんだんと「自分」の存在を強く感じるようになる不思議な体験。写真は、遠くに見える石井直人さんの作品「破れ壺」の姿。果たしてどの場所が見えているのか、錯覚に陥ります。

また、「呼風」では、2つのユニークな露天風呂もチェック。

分厚い透明アクリルでつくられた「天の風呂」は、プリズムによって壁に虹が浮かび上がる仕掛け。朝と夜で見られる虹が違うので、両方をお見逃しなく!

客間の先に設えた露天風呂「地の風呂」は、石井直人さんによる緑の陶板と、左官の久住さんが手がけた巨大な浴槽が圧巻。ゆったりと湯につかりながら、匠の技を堪能できる贅沢な空間です。

水の立方体の浴槽を備えた「天の風呂
水の立方体の浴槽を備えた「天の風呂」。壁には虹が現れ、まるで空に浮いているかのような浮遊感。
土製の浴槽「地の風呂」
「天の風呂」とは趣がまったく異なる「地の風呂」。左官の技を堪能できる土製の浴槽に浸かり、体の芯までぽかぽかに。
/

料理長が腕を振るう料理をお部屋で堪能

「呼風」の宿泊ハイライトは、お料理。料理人が部屋に赴き、「呼風」の宿泊者だけが楽しめる料理を振るまってくれます。

料理人が料理を振る舞っている
料理人がダイニングルームに出張して料理を振る舞ってくれるのは「呼風」だけのサービス。
料理人が目の前で握ってくれた炙り寿司
料理人が目の前で握ってくれた炙り寿司。肉厚なあなご、地元の亀岡牛、さっと炙った松茸を添えて。合わせるワインは、同菴のソムリエでオーストリアワイン大使でもある田中徹さんがセレクトしてくれました。
鱧、亀岡牛、松茸、賀茂なすを一緒に包んでじっくり火を入れる塩釜焼き
2品目は、鱧、亀岡牛、松茸、賀茂なすを一緒に包んでじっくり火を入れる塩釜焼きが登場。身はふっくらとしていて上品。山椒の焦がし醤油を軽く刷毛塗りして完成。
/

湯の花温泉郷のある亀岡は、嵯峨嵐山とを結ぶトロッコ電車や保津川下りをはじめ、京都で一番のパワースポット!?と話題の出雲大神宮など、観光スポットもたくさん。いつもとちょっと違うアート体験と京都観光をしに、ぜひお出かけください。

取材・文/神保亜紀子

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード