【石川三千花さんの好きなもの】蚤の市で買い集めたレトロ&ポップなカフェグッズ

石川三千花さんが赤い椅子に座っている

出合ってしまったら連れて帰らずにはいられない偏愛アイテム。 厳しい眼でセレクトし、大切にしているグッズなど、 愛してやまない「もの 」にまつわるストーリーをとっておきのコレクションとともにご紹介します。


愛情は深まるばかり、 大好きな「もの」がたり


石川三千花さんが赤い椅子に座って微笑んでいる

ポップでカラフルなイラストでおなじみの人気イラストレーター石川三千花さんがパリに住んでいたのは20代前半の頃。学校の行き帰り、毎日のように通ったカフェで魅了されたのが、タバコやお酒メーカーのロゴが印字されたノベルティグッズでした。

「当時のカフェにはタバコ屋が併設されていて、出入りしているメーカーの灰皿や水差しなんかのグッズが置いてあったの。商業的なロゴなのに色使いや書体がすごく洒落ていて驚きました」

「私がパリに住んでいた70年代はすでにプラスチックのものが使われていたんだけれど、50年代〜60年代くらいのさらに古いものは陶器やガラスで作られていて、機能的なデザイン、質感や色合いがたまらなくて。マレー地区のヴィンテージショップで見つけたときは、 狂喜乱舞して買い集めました」

パリで暮らし始めた頃は、メニュー表や砂糖の包み紙ですら、大事にコレクションしていたという三千花さん。

石川さんの黄色いブリキのトレイ
パリやイギリスの蚤の市やヴィンテージショップで購入した、三千花さんのコレクションの一部。ブリキのトレイはイギリスの蚤の市で発掘したそう。
石川さんのブリキのナプキン&ストロー立て
50年~60年代のものと思われるブリキのナプキン&ストロー立て。普段はペンや名刺を入 れて愛用中。
石川さんの青い灰皿
「GITANES」「DUBONNET」「RICARD」「CINZANO」 の灰皿はすべて貴重な陶器のもの。タバコを卒業した今は小物入れとして活躍。
石川さんの黄色い灰皿
石川さんの赤い灰皿
/

「日本にはない、カラフルな色使いやロゴデザインにインスパイアを受けた んですよね。タバコのパッケージひとつとってもすごく洒落ていたの」

ブルーのパッケージに惹かれて 『GITANES(ジタン)』のタバコを吸っていたという三千花さんですが、タバコを卒業してから、灰皿はアクセサリー や鍵などを入れる小物入れに。

「色がきれいなタバコメーカーの水差しは、花を生けて飾っています。看板 やポスターも好きで集めていたのですが、カフェグッズは飾るだけじゃなく、 生活の中で使えるのもいいところ」

カラフルなブリキの缶やグラスなどのカフェ関連のグッズは、パリやロンドンの蚤の市やヴィンテージショップ で少しずつ買い集めたのだそう。

かなり珍しい「MARTINI」の計量カップ。
ポップなイラストが可愛い「CINZANO」のグラス。
アシンメトリーな形も素敵な「RICARD」 の水差し。
ロンドンの蚤の市で見つけたガラスのシェイカー。
「GAULOISES LONGUES」のブルーノ水差し
タバコメーカー「GAULOISES LONGUES」の水差しは花瓶として愛用中。
人気のココアブランド「BANANIA」のブリキ缶は、クリニャンクールの蚤の市で20ユーロで購入。
/

「蚤の市では値段交渉の駆け引きも楽しみのひとつ。価値がよく分かっていないおばちゃんがあっさり値下げに応じてくれたりして。ガラクタみたいに 見えるものもあるかもしれないけど、 私にとってはどれも大切な宝物です」

『クウネル』2022年7月号掲載

写真/玉井俊行、 取材・文 吾妻枝里子

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード