20年間ずっと一軍。アウトドアメーカーのパンツは機能的でシルエットもきれい

パタゴニアのボトムでモノトーンコーデ

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。アウトドアメーカーのアイテムを、街おしゃれに取り入れたコーディネートがいつも素敵です。今回は20年愛用しているという、『パタゴニア』のボトム2本をおすすめしてくれました。


20年もののボトムはまだまだ現役です


「2本ともすでに20年近く前に購入したパタゴニアの物ですが本当にポテンシャルの高いボトム。今年も現役で大活躍しています。」

パタゴニアというと一般的にはフリースやダウンなど秋冬アイテムのイメージが強いかと思いますがパタゴニア愛用四半世紀の私のオススメは夏アイテム。山登りや海でのアクティビティーに特化したパンツは本当に快適で手放せません。

パタゴニアの多機能パンツはクライミング向けのアイテムとして作られたもの。足を広げやすく細かくカットされたパターンで動きやすいく、大きめのジップ付きポケットもあり機能的。撮影や店での搬出搬入作業など膝をつくことも多いのですが膝の部分が擦れても、全くヘタれることはなく、岩場などのハードな状況を想定しているだけあって耐久性はバッチリです。


#black

\機能性の高さが魅力的/ 

パタゴニアのボトム
両サイドのジップ付きポケットは携帯が入る大きめサイズで便利。
パタゴニアのボトムは裾のボタンで調節可能
裾はボタンで絞ることもできるのでトップスに合わせて調整しています。
/

素材はナイロン100% ですがナイロンのテカテカした感じがなく、落ち着ついた自然な風合いの生地感が気に入っています。毎年、合わせるトップスの色柄、デザインは変わっていきますが黒なのでコーディネイトしやすいのも魅力。

パタゴニアのボトムでモノトーンコーデ
今年はナナデコールのオーガニックコットンの白ジャケットを合わせたマダムっぽいモノトーンスタイル。
個性の強い小物も用いて技ありコーデ
黒のダイバーズウォッチやゼブラ柄のバッグでパンチを効かせた技ありコーデ。
パタゴニアのボトムでカジュアルコーデ
マルチストライプのシャツにCI-VA(チーバ)の巾着バッグとエスパドリーユの軽やかな印象。
着丈の長いシャツでシンプルなスタイリング
着丈の長いシャツでシンプルなスタイリング。シワになりにくいので旅行にも便利。
/

明るいベージュのパンツは海のアクティビティー用の素材で速乾性に優れているので雨の日に着ることもしばしば。ストレートなシルエットなのでコーディネイトに合わせてロールアップしてバランスを取っています。少し明るめの色合いは夏には欠かせないボトムのひとつです。


#beige

\合わせ方はさまざま/ 

KEENのベージュのサンダルとも相性が良い
今年はインド綿のプリントシャツと合わせて下町散策〜KEENのベージュのサンダルとも相性バッチリ!
長袖シャツと帽子と合わせたコーデ
葉山取材には日焼け対策万全な長袖シャツと帽子と合わせて。
カジュアルコーデ
ドット柄がポイントの細ボーダーシャツとKISSACOのバッグと合わせた軽やかでポップなコーデ。
大人カジュアルコーデ
ピンクのリネンシャツとエスパドリーユで大人カジュアルスタイル。
/

私は少し値段が高くても耐久性の高いものを愛着を持って着続けるのも立派なSDGsではないかと思っています。アウトドア向けの洋服は機能性を重視したロングライフデザインが基本。特にパタゴニア製品はリペアも可能でこれからも手放すことはなさそうです。

パタゴニアのボトム2本
パタゴニアの製品表示は年代や製品名がわかるようになっていています。リペアの時にはこの表示から生地や金具を探すそうです。
石黒さんおすすめのパタゴニアのボトム
黒のパンツは柔道の胴着の構造と同じ180度の開脚できるパターンが使われています。
/

注)ご紹介したものは現行品ではありません。

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード