「骨董市の達人」おすすめ!名古屋・大須観音の蚤の市で出合ったガラスの器で夏の食卓が多彩に

石黒さんのアイキャッチ

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。そんな石黒さんが名古屋の蚤の市でゲットしたというアンティークガラスをご紹介してくださいました。


昔から蚤の市やアンティークマーケットが好きです


「懐かしい雰囲気のガラスの器は夏の食卓を涼しげに彩ってくれます」

昔から蚤の市やアンティークマーケットが大好き。アクセサリーやら生活雑貨などの掘り出し物を買っています。一軒一軒じっくり見て回り、気に入ったものを探す宝探しは私にとっては至福の時間。それは海外のマーケットでも国内の蚤の市でも同じです。

特によく行ったのは名古屋・大須観音で毎月18・28日に開催されるの蚤の市。都内よりも価格が手ごろで帰省のタイミングを合わせては通っていました。そして、私の手元に集まってきたアンティークガラスの器たち。

大きめの鉢や皿は盛り映えする器
大きめの鉢や皿は盛り映えする器。赤の江戸切子のグラフィックなデザインは斬新です。
ガラスの小鉢
ガラスの小鉢は年代も様々。ニュアンスのある色ガラスはアンティークならでは味わい。
小鉢コレクションの一部
実家で使っていた小鉢もコレクションの一部。実家では当時、ご馳走だったみかんの缶詰をこれで食べていた思い出が。
大須の蚤の市で一目惚れして購入したというフレア型ガラス
大須の蚤の市で一目惚れして購入したフレア型ガラス。珍しい質感と造作は見ているだけでも愛おしくなってきます。
色や形それぞれに個性的なアンティークガラス
色や形それぞれに個性的なアンティークガラス。どれも大事な宝物。
/

我が家では普段から大きめのガラスの器をサラダボウルとして食卓に登場することもしばしば。暑い日が続くと食欲が落ちがちですがそんな時に見た目の清涼感がぐっと上がります。

特に夏の定番「冷やし中華」は具材も味もワンパターンになりがちですが、アンティークガラスを使うと印象が変わるので楽しんでいます。「冷やし中華には絶対これ!」といった思い込みさえなくせば、何を入れても問題ないと思っているので冷蔵庫にある残り物や野菜を具材にアレンジ。

家族それぞれ好みがあるので麺&つゆだけ盛り付けて食卓に具材を並べて、好きな物を好きなだけ盛りつけてもらいます。いつも私が最後に盛り付けるのでかなり偏りがあることも多いのですがそこはご愛嬌。

\涼しさ溢れるアンティークガラス/ 

石黒家の冷やし中華
我が家の冷やし中華は茹で鳥が定番。大根の酢漬けなど冷蔵庫にある具材をトッピング。
石黒家の冷やし中華
キムチを具材に加えたバージョン。もやしは下ゆでしたものをごま油と塩、胡麻で和えたナムル。錦糸玉子はなかなか上達しない苦手なレシピの一つです。
石黒家の冷やし中華
残っていた小さなモッツアレラをトッピングして、ちょっぴりイタリアン気分。
石黒家の冷やし中華
レタスに海苔やゴマをトッピングした和風サラダ。青いガラスの光がブリージング。
/

使い勝手の良いガラス小鉢は様々なシーンで使える万能なアイテム。大事にしまっておくのではなく使ってこそ活きるのが器だと思っているので普段からヨーグルトやデザート、副菜や汁物などの気兼ねなく盛り付けています。

蚤の市に行かなくても意外と実家の食器棚にお宝が眠っているなんてこともありますので是非探して見て下さい。

\個性的な食器たち/ 

アンティークガラスの食器
冷汁もどき。出汁汁に少し多めのお味噌を溶かし、きゅうりとみょうがを入れ、食べる直前に氷をいれます。 シソや生姜など冷蔵庫にあるものを使えばOK。
切り干し大根とピーナツのナンプラー和え
切り干し大根とピーナツのナンプラー和えは我が家の定番。戻した切り干し大根をナンプラーやお酢と和えるだけ、おつまみのピーナツバターがしっとりして独特な食感に。
シンプルな出汁トマト。だし汁で湯むきしたトマトを煮て冷ますだけの簡単レシピ。お好みでオリーブオイルやラー油など少し足して味変も。
ニュージーランドのマーケットで購入したアンティークのスプーン
つるんとしたゼリーにはニュージーランドのマーケットで購入したアンティークのスプーンを合わせて。
個性的な形のアンティークグラス
個性的な形にフルーツを盛るだけで絵になります。
アンティークグラスの食器
昨年の新しい桐生の記事ではアイスクリームの盛り付けに使いました。
/
土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード