この夏こそは国内旅行を…と考えている方必見。東京・京都・沖縄にあるおすすめホテル3選

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん ファミリールーム

ここ最近では、ようやく遠出ができるムードになってきましたね。7月は3連休もあり「どこか行こうかな」と考えている方も中にはいらっしゃるかもしれません。そこで、今回東京・京都・沖縄にあるおすすめホテル3つを過去の〈クウネル・サロン〉記事からピックアップしました!


#01 『星のや東京』


温泉旅館の『星のや東京』。場所は大手町のいわゆる金融街。そこに江戸小紋の麻の葉崩しをモチーフにした、抜き型で覆われたビルがあり、1棟まるごと旅館になっています。

今井恵
「星のや東京」の外観。一棟まるごとが温泉旅館。最上階に露天風呂も。
今井恵
今井恵 豆乳鍋
一人分ずつ、美しく食材が並べられた豆乳鍋。豚肉でネギやキノコをくるりと巻いて薬味でいただきます。
今井恵 チェックイン
チェックインの際に提供されるお茶と季節のお菓子。これは9月のお月見のお菓子。
今井恵
部屋に戻ってこんなティーセットを見つけるだけで、その心遣いに気持ちがホッと和みます。
/

「深呼吸養生」プランではスパトリートメントやボディリメイク、深呼吸ストレッチ、香りのブレンド体験などが可能。17階にあるラウンジではトレーナーを交えてボディリメイクができます。パーソナルなトレーニングなので、日頃の体の悩みやコリやむくみの解消方なども気軽にうかがうことができます。

また、トレーニング後に用意されている薬膳料理は健康的で徐々に身体がポカポカと…このままベッドに入ったらぐっすり眠れそう。

\この記事を読む/

遠くへ行けない分、近場で贅沢がいまの気分!『星のや東京』の深呼吸養生とは?


#02 『ウェスティン都ホテル京都』


約198億円(!)もの総工費をかけてグランドリニューアルした『ウェスティン都ホテル京都』。東山三十六峰のひとつ、華頂山の傾斜地に佇む同ホテルは創業から130年の歴史を刻む、府内でも指折りの老舗ホテルです。

ウエスティン京都
ウエスティン京都
コチラはジュニアスイートのリビングスペース。ほかにベッドスペースがあり、広々とした造りです。
ウエスティン京都
3階にあるバー「麓座(ろくざ)」のシャンパンラウンジ。
ウエスティン京都
『佳水園』で一番人気がある客室は、川端康成氏が好み、執筆のためにしばしば逗留した客室「月7」。
ウエスティン京都
天然温泉を愉しめる湯船は高野槇を使っていたり、檜を使っていたりと、部屋ごとに違いがあります。
/

日本を代表する建築家の村野藤吾氏が設計を手がけ、オードリー・ヘプバーン、イヴ・サンローラン、ヘレン・ケラー、エリザベス女王など、世界的な著名人も滞在する「京都の迎賓館」として親しまれてきました。

館内には、ほかにもクラブラウンジ、フィットネススタジオ、エステティックサロン、レストラン、屋上庭園など、新たに誕生した施設がたくさん。

特にレストランはライブキッチンが充実したオールデイダイニング、フランス・ガストロノミー界を牽引してきたドミニク・ブシェ氏が初めて手掛ける鉄板焼きレストラン、ハイクオリティなスイーツが楽しめるティーラウンジ、約100種類のシャンパーニュを用意するバーなど充実したラインナップで、ホテルならではの美食を満喫できること請け合いです。

\この記事を読む/

大人の京都旅行が変わる。進化した『ウェスティン都ホテル京都』へ。


#03 『沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん』


沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん』は、沖縄県では初となる「プリンスホテル」ブランドのホテル。

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん ファミリールーム
階段を上がると2人寝られるベッドルームになっている「ファミリールーム」。
ザ・クラブ 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
広々としたリビングでゆったりくつろげるクラブフロアの「ザ・クラブ」。
クラブ リビング テラス 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
「ザ・クラブスイート」のリビングルーム。テラスからは美しいオーシャンビュー。
沖縄の海 インフィニティプール
スーベニアショップ お土産 アート 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
スーベニアショップの壁一面にもアート作品が。
クラブラウンジ UMIKAJI 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
14 階のクラブラウンジ「UMIKAJI(ウミカジ)」。併設されたインフィニティプールとともに、クラブフロア宿泊者は滞在中無料で利用できる。
シーサー 宮城光男 エントランス 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 館内
翡翠の釉薬で色付けしたやちむん(焼き物)シーサーが。 ホテルエントランスに一対鎮座し、お出迎え。
/

館内の施設も充実しており、海との一体感を楽しめるインフィニティプールは、2階と14階(クラブフロア宿泊者専用)の2カ所に用意。そのほか屋内プール、大浴場、サウナ、岩盤浴などがあり無料で楽しめます。専用ラウンジやレストランもあります。

全客室オーシャンビューが自慢で、美しい海を部屋のベッドやプールで眺めながら、のんびりとホテルで過ごす沖縄旅はいかがですか?

\この記事を読む/

そろそろ行きたい!50代からの沖縄旅行は、快適ホテルをベースにしたゆるりトリップ。

キーワード