ご利益あるかも?大阪天満宮の隠れた名物「梅ジャムアイス」。恋愛パワースポット星合橋も。

星合茶寮の梅ジャムアイス

〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの松永加奈さん。友人に会うべく、約3年ぶりに大阪訪問。ご当地グルメや観光地など、大阪旅のレポートをお届けします!


梅の木が名物の大阪天満宮ならではの「梅ジャムアイス」


先日、大阪へ行ってきました。コロナ禍前の訪問以来約3年ぶりの大阪は、かつて記者として日々走り回っていた場所。当初、土地勘がなく、早口の関西弁に付いていけず、仕事に慣れない間は心が折れることもいろいろとありましたが、出会いと経験という楽しい思い出もいっぱい。海外へ出てから生活の拠点は変わりましたが、現在もときどき友人や仕事仲間と大阪で集まっています。

今回は、オランダから一時帰国中の友人に会うため北浜エリアを訪ね、彼女のアテンドで大阪天満宮へ。目的は「梅ジャムアイス」です。

大阪天満宮は菅原道真公を祀った神社、そして「梅」が有名。天満宮に梅があるのは「道真公が幼少から庭にある梅の木を愛でていたから」と言われ、毎年「梅まつり」が開催されています(今年はコロナ禍のため中止)。梅まつりがあるほど梅の木がある、ということはさくさんの梅の実がなる…というわけで、境内北側にある「星合茶寮」のスタッフの方たちが、その実でジャムとジュースを作っているのだそう。

松永さんが訪れた「大阪天満宮」
大阪のキタエリアにある「大阪天満宮」。梅田からも近く、地元では「天神さん」で親しまれています。
大阪・梅田の近くにある大阪天満宮
天満宮といえば学業の神様。さまざまな「合格祈願」の絵馬がたくさんかかっていました。
/

滞在中はとにかく蒸し暑かったので、友人から「梅ジュース」という言葉を聞き飛び上がって喜んだのですが、ジュースの出来上がりは7月半ばとのこと。それならば…と、もう1つの「梅ジャムアイス」を目指し天満宮へ向かったのでした。天神さんの敷地内にある梅の実、なんだかご利益がありそうではないですか!

大阪天満宮北側に構える鳥居をくぐり「星合橋(ほしあいはし)」を渡ると茶寮が見えます。ちなみに「星合橋の上で出会った男女は結ばれる」という言い伝えがあり、その昔は橋の上でお見合いが行われていたのだとか。そんな恋愛パワースポットが天神さんにあったなんて、知らなかった…。

大阪天満宮北側にある星合橋
敷地内、本殿の北側の細い路地を渡ったところにある鳥居をくぐると、恋愛のパワースポットと言われる星合橋が。
パワースポットでもある星合池
橋が架かる「星合池」に浮かぶ、梅の花を模した花びら。ここに3つの「願い玉」(要初穂料)を投じて、願い事に応じた色の花びらに玉がのれば願いが成就するとか。
/

さて、星合茶寮の梅ジャムアイスは、バニラアイスの上にどんっと梅ジャムが盛られた、大胆かつとってもストレートなビジュアル。冷たいお茶と一緒に運ばれてきます。お味は…とても美味しい!とろとろというよりこってりとした、酸味も甘みもしっかりあるタイプの梅ジャム。爽やかな甘さが口に残る懐かしいタイプのバニラアイスと一緒に、あっという間に完食しました。

星合茶寮の梅ジャムアイス
事前に予習なく行ったので、登場したときにちょっとびっくりした「梅ジャムアイス」。境内の梅の実から作られたジャムはとても美味しかったです。ご利益あるかな。
大阪天満宮の境内に並ぶ梅の木
境内に並ぶ梅の木。先日、今年の梅仕事が終わったそう。7月半ばには梅ジュースがいただけます。
大阪天満宮の境内に並ぶ梅の木
最後の方の梅の実が落ちていました。シーズンになると、あたり一面いい香りがするんでしょうね。
/

実はこちらでは「すべらんうどん」といううどんが名物。麺にスリットが入っているので、つるつると滑らず食べられるそう。この「すべらん(滑らない)」というネーミングから、合格祈願の受験生をはじめ、ブレイクを狙う若手の芸人さんにも人気というのが、大阪らしいエピソードです。

お土産のうどん
うどんメニューはいろいろあり、茶寮でいただくことができます。私は受験生のお子さんがいる友人のおみやげに購入しました。
「すべらん(滑らない)」シール
こちらのシールをいただきました。「すべらん(滑らない)」という言葉は広い意味で日常生活でも大切。よく見える場所に貼ろうと思います。
/

「中之島」を歩いていると
さまざまな発見がありました。


大阪天満宮から徒歩圏内には、堂島川と土佐堀川にはさまれた中洲の「中之島」があり、ネオルネサンス建築の重要文化財「大阪中央公会堂」や、子供から大人まで楽しめると話題の「こども本の森 中之島」(予約制)、「中之島公園」は散策にも最適。勤務地として通っていた(もっと若い)頃は気に留めていなかったスポットや景色が今とても新鮮に見えて(実際に新しくなった所もありますが)、時の流れをひしひしと感じます、いい意味で。

大正時代に建てられたは重要文化財・大阪中央公会堂
大正時代に建てられた大阪中央公会堂は重要文化財。地下にレストランがあり誰でも利用することができます。
こども本の森中之島の入り口には「永遠の青春」があります
2020年7月に開館した「こども本の森 中之島」の入り口には「永遠の青春」と名付けられた大きな青リンゴのオブジェが。
リバーサイドに並ぶカフェ
写真では少しわかりにくいですが、リバーサイドにはカフェが並んでいました。
中之島散策
ゆっくり中之島を歩いて真ん中に立ってみると、中洲のせいか「川に挟まれた景色の感じがシテ島(パリ)っぽい」と独り言。
中之島にある橋の下
そして橋の下をくぐるとその様相に、ちょっとセーヌ沿いを思い出すような?
/

これから大阪に行かれる方は、ぜひ大阪天満宮の星合橋を渡ってみてください。縁起の良い梅やうどん、もしかしたら橋の上でも何かいいことがある、かも?

キーワード