「全てが宝物」好きなものを詰め込んだインテリア。アーティスト・片山優子さんの創作アトリエ。

片山優子さんの玄関のインテリア

大阪を拠点に活動するアーティスト・片山優子さん。美しいボタンジュエリーを制作し、世界からも注目を集めています。

68歳になる今も、毎日欠かすことなく創作活動を続けている片山さん。日々素敵なボタンジュエリーが生まれている、片山さんのアトリエのインテリアをご紹介します。


アトリエで制作中のアーティスト・片山優子さん
アトリエで制作中のアーティスト・片山優子さん。

「ここには、モノが溢れているでしょう。好きなモノばかりです。それぞれに大切なストーリーがあるから」と話す片山さん。

マンションをリノベーションした片山優子さんのアトリエ
マンションの一室をリノベーションしたアトリエ

「好きなインテリアに出会って、〈必然 〉 と感じたときに購入しています。空間とも相談しながら購入し続けてきた結果、好きなモノが集まってしまいました」

アーティストに転身する前は、長年スタイリストをしていたこともあり、職業柄多くの『かわいいもの』や『お気に入り』が集まります。やはり目がいってしまうのは、たくさんの素敵な雑貨たち。お気に入りを教えていただきました。


◆お気に入りの雑貨たち。海外ヴィンテージも多数!


玄関から入ったところから創作スペースまで、アトリエ内の至るところに並んでいる可愛い雑貨たち。

コロナ禍以前は年に1度、パリやイタリアなどのヨーロッパへの作品に使うボタンの買い付けに訪れていた片山さん。現地のショップや蚤の市などで見つけたヴィンテージの雑貨も多く集まります。

片山優子さんのアトリエの玄関スペース
アトリエの玄関スペース

「ヴィンテージだから好きなわけではなく、 好きなものがたまたまヴィンテージなのです。 自分でも不思議に思いますが、どこかに心地いい懐かしさを感じるのかもしれません」

片山さんは「ラフに置いているだけ」と話していましたが、しっかり洗練された空間になるところはさすがのセンス。

片山優子さんのアトリエのインテリア
ちょっとした空間やスペースにも、かわいい雑貨をセンスよくディスプレイ。
片山優子さんのアトリエのインテリア
お気に入りのブローチは、飾りながら収納。友人・しんやまさこさんのブランド『あちゃちゅむ』のものや、パリのアーティスト・アンさんのもの他。
片山優子さんのアトリエのインテリア
アジアのネットバッグや、ヨーロッパヴィンテージの子供服など、背景が豊かなものも同じ空間でうまく融合。
片山優子さんのアトリエのインテリア
片山さんが憧れている女性の1人、フリーダカーロ。「彼女の作品も素晴らしいですが、生き様や芯の強さに惹かれます」
片山優子さんのアトリエのインテリア
竹久夢二の絵は、片山さんのお父さんが趣味で集めていたものを譲り受けた。「竹久夢二さんが描く女性はどこか影がありながら、しなやかで芯の強さを感じて好きです」
片山優子さんのアトリエのインテリア
観葉植物も大きなS字フックで吊るして。恐竜や鳥のオブジェと共存する世界が可愛い!
/

◆創作活動の主役のボタンなど、多くの装飾品を収納


片山優子さんのアトリエの収納棚
壁一面の収納棚に装飾品や洋書、雑貨が並ぶ

作品を作るために欠かせない、ボタンをはじめ、布やリボン、パーツなどの多くの装飾品の収納棚も見どころのひとつ。アトリエ内には、壁一面の大きな収納棚が2つあります。装飾品は膨大な量がありますが、きれいにラベリングされています。

「ボタンは色別か素材別でまとめています。装飾品は、そのものも私も両方がなんとなく居心地が良さそうなところに自然と配置しているようです」

片山優子さんのアトリエの収納棚
同じ種類や似たような種類のボタンでも、一目でわかるように丁寧にラベリング。
片山優子さんのアトリエの収納棚
もうひとつの収納棚。ここには、国内外から集まった数万個の膨大な量のボタンを収納。
片山優子さんのアトリエの収納棚
リボンなどの素材もついつい収集してしまうのだとか。
片山優子さんのアトリエの収納棚
白く塗った額の上に作品を重ねてディスプレイ。この飾り方も素敵。
/

◆リノベーションで、自分らしさを極める


アトリエ内の至るところに片山さんの個性が溢れていますが、お部屋のリノベーションもポイントのひとつ。中古マンションを購入した際、一度スケルトンにしてから、リノベーションをしました。

「この部屋に決めた理由は、トイレまで、全ての部屋に窓があること」と、日当たりの良さが決め手。扉をできるだけ減らして、布などの簡単な仕切りで区切るなど、風通しの良い空間にとことんこだわりました。

それから壁を真っ白に塗ったり、廻り縁をつけてアレンジを加えたり、とことん自分好みの空間に。先ほど紹介した壁一面の収納棚も壁に合わせて、オリジナルで作ってもらったそう。

片山優子さんのアトリエ
天井と壁の間には、廻り縁をつけてアレンジ。ちょっとしたところにも、オリジナリティを発見。
片山優子さんのアトリエのIKEAのキッチン
ミニマルなデザインが気に入ったIKEAのキッチン。キッチンの余白にもお気に入りの作家ものや植物をセンスよくディスプレイ。
片山優子さんのアトリエの創作テーブル
日々の創作活動は、作業しやすい高さに設定したオーダーメイドのH形鋼のテーブルで。重量は230kgですが、キャスター付きで移動も楽々。「長時間作業する椅子は、油圧式の高さ調節可能の疲れにくいものを選んでいます」
片山優子さんのアトリエのライト
お気に入りのインテリアの1つであるライトは、知人がアトリエを閉めるときに譲り受けたもの。
/

「年齢を考えると、もっと断捨離しなくてはならないのかもしれないのですが、好きなものに囲まれた暮らしが幸せな私です」

好きをぎゅっと詰め込んだ空間で、大好きなボタンに触れている時間こそが、片山さんの素敵な作品が生まれるインスピレーションの源なのでした。

\アーティスト・片山優子さんの記事はこちら!/

肩肘張らない「60代の大人デニムスタイル」。シンプルに気取らず、自分らしいエッセンスを投入。
おしゃれの秘訣が知りたい! 68歳のボタンジュエリーアーティスト・片山優子さんの偏愛アイテム。
スタイリストを経て、56歳でアーティストの道へ。ボタン作品を生み出す、片山優子さんのライフストーリー。(前編)
毎日12時間創作活動に励む。68歳のボタンアーティスト・片山優子さんの現在地。(後編)
【大阪のお出かけスポット】箕面のセレクトショップ『about her.』 素敵なマチュア世代が集う、素敵なお店。

写真/近藤沙菜 取材・文/阿部里歩

キーワード