肩肘張らない「60代の大人デニムスタイル」。シンプルに気取らず、自分らしいエッセンスを投入。

アーティスト片山優子さんのファッション

美しいボタンジュエリー制作で、世界からも注目を集める68歳のアーティスト・片山優子さん。アーティストになる前は、スタイリストとして約40年間ファッションの世界で活躍していました。

「今はニュートラルに生きたいから、気の張らないファッションが好きです。特にデニムは必須です」と話す片山さん。自分に似合うものを熟知した、バランス抜群のコーディネートがさすが!

そんなおしゃれな片山さんに、初夏にぴったりなデニムスタイルを披露いただきました。

愛用しているデニムは20本以上!

アトリエでの制作作業、打ち合わせ、展示会に在廊するとき……。幅広いシーンで活躍してくれる、片山さんの必須アイテムといえば「デニム」。

アーティスト片山優子さんのデニム
以前太ったとき、ウエストを広げるためにサイドにリボンを足してアレンジ

「スタイリストをしていたときは、作業中に屈むことが多く、膝のところだけどんどん色が薄くなっていたり。私の生活や動きがデニムの表情に現れてくることが愛おしい。自分で育てられるからデニムのことが大好きです」

家で気軽に洗えることも、忙しい毎日の味方になっています。

\denim style 1/

「4月の企画展で初披露した、ボタン作品を特殊技法のプリント加工を施した『アバウトボタン』のカットソーと、10年以上愛用しているデニムを合わせました」。トップスをハイウエストのデニムにインして、すっきりとしたシルエットを実現。

アーティスト片山優子さんのデニムスタイル
『マルジェラ』の白のスニーカーもお気に入りの1足。

\denim style 2/

ボタンを刺してアレンジした『マルニ』のブラウスが主役。「『ミナ ペルホネン』の定番デニムalwaysは、4〜5本持っています。股上の深さと、ゆるめのシルエットがお気に入りです」

アーティスト片山優子さんのデニムスタイル
足元には、ボタンの赤をひろった赤い靴下と『MSGM』の花柄スニーカーを合わせて。

\denim style 3/

「ボタンの首飾りをつけたいので、シンプルなデザインのトップスを選びます。『sacai』のトップスは、バックにプリーツが多く入っていたり、スタンダードなのにちょっとひねりが効いたデザインが好みです」。首元のボタンを主役にしたワントーンコーデ。

アーティスト片山優子さんのデニムスタイル
『sacai』のブラウスと『ミナ ペルホネン』のデニムでワントーンでまとめ。

普段ほとんどメイクをせず、唯一赤いリップだけでしたが、コロナ禍で完全ノーメイクに。特徴的なくるくるのカーリーヘアは、髪の毛を菜箸に巻いた通称「お箸パーマ」。おろしたり、まとめ髪にしたり、てっぺんをおだんこにしたり、その日の気分やファッションに合わせて。

自身のボタンジュエリーを引き立てながら、一見シンプルだけど、どこか遊び心のあるアイテムを投入すること。小物ひとつをとっても「らしさ」が溢れ、誰もが認める片山スタイル。誰にも真似できない、唯一無二の世界を表現したコーディネートが本当に素敵でした!


アーティスト・片山優子さんにまつわる記事はこちら!

スタイリストを経て、56歳でアーティストの道へ。ボタン作品を生み出す、片山優子さんのライフストーリー。(前編)
毎日12時間創作活動に励む。68歳のボタンアーティスト・片山優子さんの現在地。(後編)
【大阪のお出かけスポット】箕面のセレクトショップ『about her.』 素敵なマチュア世代が集う、素敵なお店。
美しすぎるボタン作品がお目見え。アーティスト・片山優子さんの企画展が4/13より大阪で開催!

写真/近藤沙菜 取材・文/阿部里歩

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード