Promotion

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

結城アンナ インスピレーションの扉

バルミューダ ザ・ストア 青山(BALMUDA The Store Aoyama)を訪れた結城アンナさん。前編/「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。に続き、後編の今回はストアの最も大きな魅力である、試食や試飲ができるフロアへ。ここでしか味わえないお楽しみを堪能してきました。

2階ではパンやコーヒーが楽しめる!

バルミューダショップ 結城アンナ デニム
2階は予約なしでコーヒーやパンが楽しめるとあって、試食待ちの人で混雑することも。

1階でたくさんの製品に触れたあとはいよいよお目当ての2階へ。 こちらのフロアでは、バルミューダ製品の性能を実際に確かめられるのが大きな魅力。キッチンカウンターでは、「バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)」や、コーヒーメーカー「バルミューダ ザ・ブリュー(BALMUDA The Brew)」を使った実演を毎日行っていて、パンやコーヒーの試食もできるとあって大人気!

「スターバックス リザーブ®(STARBUCKS RESERVE®)」とのコラボモデルを使ったコーヒが楽しめるのもここだけだそう。さっそく結城さんも実食してみることに!

バルミューダショップ 結城アンナ デスクライト
階段付近の壁には、プロダクトのデザインスケッチを展示。2階はキッチンカウンターのほかに、太陽光LEDを使ったデスクライト「BALMUDA The Light」が試せるコーナーや、スマホの契約用の個室がある。
宮崎潤也 バルミューダショップ
プロダクトの実演をしてくれたストアマネージャーの宮崎潤也さん。
/

「コーヒを淹れる過程も含めて美味しい!」

まずは1階でチェックしていた「BALMUDA The Brew」でコーヒを淹れていただくことに。開発に6年もかかったというコーヒーメーカーは、コーヒの味わいはもちろん、コーヒーを淹れて待つ間のことまでこだわり抜いてデザインされています。

オープンドリップ式なので、湯気や香りが立ち上ってくるのを感じられ、まるでカフェにいるようなライブ感が!オレンジ色のランプや古時計の振り子をイメージしたチクタクという心地よい音も出来上がるまでの気分を盛り上げます。

「朝起きて、このマシンの前にいくのが楽しみになりそう!淹れる間のワクワク感があってコーヒーの美味しさがふくらみますね」

結城アンナ ハンドドリップ バルミューダブリュー
蒸らし・抽出・仕上げのステップごとに最適なお湯の温度に制御。「プロが淹れるハンドドリップの技術を忠実に再現しています」と宮崎潤也さん。
バルミューダショップ ドリッパー サーバ お手入れ
最後に残った水の蒸気で庫内を洗浄するため、お手入れもドリッパーとサーバを洗うだけの簡単さ。
バルミューダショップ  オープンドリップ コーヒー豆 
オープンドリップだから見た目も香りも楽しめる。0.2ml単位の正確なドリップが豆本来の豊かな香りや味わいを引き出す。
バルミューダショップ 自動加水 コーヒーメーカー
雑味を消すために、サイドの注湯口から自動で加水して仕上げる。これにより、力強く、すっきりとクリアな後味に。
結城アンナ バルミューダショップ  モーニングルーティン
「こうやって丁寧に淹れるとなお美味しく感じますね。ゆっくり朝が始まって、いい1日になりそう」
/

香ばしいパンの焼き上がりに拍手!

続いて「バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)」で焼いたパンを試食。スチームトースターを初めて世に送り出し、トースターブームの火付け役にもなったBALMUDA The Toaster。この製品をきっかけにバルミューダの名前を知った人も多いのでは?

結城さんもご自宅で愛用しているといいますが、たまに焦がしてしまうこともあるそうで……「取説を読むのが面倒で、たぶん間違った使い方をしている気がするので、今日は改めて使い方もちゃんと聞きたいと思います!」

トースター 実演 バルミューダショップ 結城アンナ
トースターの説明を熱心に聞く結城アンナさん。「正しい使い方を見たことがないので、こうやって実演してもらえるのは嬉しいですね」
バルミューダショップ 結城アンナ トースト スチーム機能 クロワッサン チーズトースト フランスパン ナッツロースト スコーン
水分と香りを閉じ込めるスチーム技術が特徴。トースト、クロワッサン、チーズトースト、フランスパンの4つのモードがある。「ナッツをローストするのによく使うのですが、スコーンも作れると聞いて、ぜひやってみたいです!」
バルミューダショップ 結城アンナパン トースター バルミューダ
最後の20〜30秒で一気に焼き色がつく様子に「ほら見て!マジックみたい」と結城アンナさんも思わず感動。
バルミューダショップ 結城アンナ きつね色 サクサク食パン
表面はきれいなきつね色でサクッとした食感。「上顎と下顎で感じる食感が違うので、裏面は香りが引き立つ焼き加減になっています」と宮崎さん。
/

焼き立てを実食!そのお味は?

バルミューダショップ 結城アンナ トースト朝パン
トースターの実力を知ってもらうために、一般のスーパーで買えるトースト用のパンを使用。食べやすい大きさにカットして提供してくれる。
バルミューダショップ 結城アンナ トースト朝パン
「表面はカリッとしていて、中はもっちり。ダディ(岩城晃一さん)がチーズトーストが大好きなので、チーズトーストモードもやってみたいです。使い方をちゃんと教えてもらったから、もう大丈夫!(笑)」
カレーパン  バルミューダショップ 結城アンナ 揚げ物温め
油分が多く上面が焦げやすいクロワッサンも、クロワッサンモードで焼くと焦げずにサクッと仕上がる。カレーパンや揚げ物の温めにもおすすめだそう。
クロワッサン 焦げない バルミューダショップ 結城アンナ 
「クロワッサンもサクサク!表面は焦げないのに中までちゃんと温かくてとても美味しいですね!」
/

何度来ても新しい価値に出合える

結城アンナ コーヒー 朝食 デザイン バルミューダショップ

取材の間、ずっと楽しそうで笑顔が絶えなかった結城アンナさん。「コーヒーメーカーひとつとっても、音や香りごと楽しめたり、自分が使っているシーンが思い浮かぶようなライフスタイル提案があったりして、今日は新しい家電との出合いや発見がたくさんありました。

ただものを「売りました」「買いました」で完結するのではなく、人と人とのコミュニケーションがあることで、どうしてこのデザインなのか、何のための技術なのか、企業の考えもよくわかって納得して買い物ができますよね。

話を聞くだけでも『へえ〜』と思うようなことを教えてくれるから、 すでに製品を使っている人も、私みたいに使い方がわからない人も、コーヒーを飲みに来る感覚で気軽に立ち寄るといいと思う。こういう体験がものを大事にする気持ちにもつながるんじゃないかしら」

写真/須藤敬一 ヘア&メイク/長井かおり 取材・文/矢沢美香  編集/河田実紀

キーワード