もてなしは「グラタンと刺身」でも。【麻生要一郎さんの、日々のごはん作りのヒントvol.3】

麻生要一郎 花

家庭的で丁寧に作られたお弁当のケータリングが口コミで広がり、雑誌への料理・レシピの提供、食や暮らしについてエッセイなどを執筆するようになったという、料理家の麻生要一郎さん。

日常の食卓を切り取ったレシピと短いエッセイで綴る、2冊目となる著書『僕のいたわり飯』が話題です。心と身体をいたわることができるのは日々の食事。献立の役に立つレシピはもちろん、気持ちを穏やかにしてくれる食卓づくりのヒントが見つかります。


■人をもてなす、ということ


わが家には友人たちがこぞってやってくる。
それは、ごはんやお酒を楽しみに、というのもあるのだろうけれど、食卓を囲む時間を楽しみに来てくれるのではないかと思っている。みんな、いろいろ抱えて生きているわけだから、ほんのひととき、くつろいでほしい。

麻生要一郎 おしながき

料理も背伸びせず、自分らしいものでかまわない。 僕が供するのは、ちょっと厚ぼったい刺身とグラタンとか、お店にはないような組み合わせ、家庭的でなじみのある料理、そして最後に汁物。

はじめましての方がいらっしゃれば、 食卓の話題にしやすいような、かわいい小物や本を置いてみたり。

みんなが帰ったあとに洗いものをするのも、その日の食卓を慈しむ大切な時間だ。 もてなしは、相手のことを思いやると同時に、もてなす側のその人らしさがあふれていることが、僕は大切だと思う。


■グラタンに刺身でおもてなし


冷蔵庫を開けて牛乳やチーズが余っていると、庫内の整理の意味も含めて、僕はグラタンを作る。ちょっと余った食材も、グラタンに入れてしまえばすっきり片づく。

グラタンは、じつに懐の深い料理なのだと思う。わが家ではおなじみになっている「グラタンとお刺身」の組み合わせも、そのルーツをひも解けば、あの人の好きなもの、この人の好きなものを一気に並べたことから始まっているような気がする。

麻生要一郎 グラタンと刺身

家庭の食卓だから、その日に食べたいもの、そして、その日に食べないといけないもの、食卓を囲む面々の好きなものを並べたらよいのではないかと、僕はつねづね思っている。

撮影/山田薫

※本記事は『僕のいたわり飯』(光文社刊)からの抜粋です。

\絶賛発売中/

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード