【50代からのカラーヘアvol.1】ピンクで自分を解き放つ!栗原友さん、安野ともこさんのヘアスタイル。

大人のカラーヘア 栗原友

大人のカラーヘアは、白髪対策ほどのレベルから、大きく脱皮。カラーリングを楽しむ側の意識もサロンの技術も進化し、さらに人気上昇中。その中でも今回は、「ピンク」カラーが目を引くお二人を取材させていただきました。おしゃれ心を遊ばせられるその魅力と、カラーの秘密とは?!

なりたい色に!シンプルな気分でピンクの解放感を享受。

栗原友さん/料理家

黒髪、白シャツ、薄化粧……。料理家に求められる外見に逆らい、大きなスイッチングをした栗原さん。「がん治療を経験した後、暮らしで抑制していたものを解き放って、人生後半好きなことをやりたいと思ったんです。治療で減った毛量も復活したので、以前から好きだったピンクの髪に!と」 。長年通うHair Orutaneの大谷猶子さんとみっちり相談したのも成功の秘訣。ウィッグっぽさを避けるためピンク2色をムラに入れるのが独特です。

大人のカラーヘア 栗原友
【FRONT】ピンク2色の差、濃淡の変化やブリーチカラーのプラチナとピンクが混然となる様子がきれい。
大人のカラーヘア 栗原友 横
【SIDE】「ピンクにしてから何十個もヘアアクセサリーを買いました。色ムラをわざと見せるアレンジも楽しい」。パールの質感もばっちりきまる。
/

「ブリーチも色入れも時短せず行うので、ダメージも少なくきれいに色が入ります。家でも補強してもらうと色落ちが防げるので、ホーム製品としても使えるカラー剤を使用」(大谷さん)「ピンクの髪だとおしゃれも自由に遊べるように。何より気分が明るくなりました」。生活まで活性中の栗原さん。

カラーヘア 栗原友 ヘアケア
家では左のカラートリートメントで色落ちを防ぐ。カラー剤、クレージーカラー2色をときどき使って色を足す。「量や塗布時間は慎重に使っています」 。

カラーリングで心も楽に。なりゆきの変化も楽しみのうち。

安野ともこさん/スタイリスト・「CASUCA」デザイナー

ヘナで長く染めていて、色を抜けないと言われ他の色を諦めていたのですが、BANGSの大村さんを訪ねたら一気に解消」と安野さん。ピンクを中心にライトブラウン、ブリーチのままの色などが繊細なエリア分けで入ったパステルミックスは、インパクトもありながら可愛さも引き立ちます。

大人のカラーヘア 安野ともこ
【FRONT】フェイスラインに沿ったピンクはふんわりベールのよう。「結べる長さなのでアレンジも多彩に。服の色も幅広く」。
大人のカラーヘア 安野ともこ 横
【SIDE】ピンでまとめるとグラデーションがストライプ状に見えて面白い。CASUCA PLATAのシルバーのピンがマッチ。
/

「最初ブリーチしてもらって、そのエリアを次は広げるとか、ピンクはカラートリートメントを使い自分で染める時とサロンで染める時もあり、出すぎたら色を弱めてもらったり。なりゆき任せですが、変化の過程も楽しめています。勝手な注文に応えてくださるからこそ」。サロンのパーソナルで高感度な施術はすてきなカラーヘアの素です。「髪の印象が軽くて、白髪が目立つこともなく、おしゃれも違う展開を考えられて、いいことづくしです」。

大人のカラーヘア 安野ともこ 美容室
黒からの移行期に入れた香草カラー(茶)、 ブリーチ髪(ベージュ)、ブリーチ後入れたピンクが混在。次写真で繊細な染め分けを拝見。
大人のカラーヘア 安野ともこ カラー
BANGSの大村高好さんは一人ずつに合わせ色研究を。
/

『ku:nel』2021年11月号掲載

写真/徳永 彩、取材・文/原 千香子、薄葉亜希子

◎色とりどり!様々なカラーが楽しめる記事はこちら。
いまどき、メイクの楽しさは目周りで表現!50代にも使いやすいカラーアイテムが『OPERA(オペラ)』から誕生。
●『カラーセラピー』で色を味方に。更年期のもやもやを吹き飛ばし、ハッピーに自分らしく。
防災、アウトドアアイテムの新常識?!かばんに必携、薄くて軽い布粘着テープ
【脱プラ】プラスチックフリーの保存容器『スタッシャー』。キッチンを彩る、レインボーカラーの新色が登場!
紙なのに洗って使える!?「crep(クレプ)」のテーブルマットで食卓がランクアップ!

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード