紙なのに洗って使える!?「crep(クレプ)」のテーブルマットで食卓がランクアップ!

crep テーブルマット パーッケージ寄り

突然ですが、普段、テーブルマット使っていますか?
日々の食卓に、特別な日に、おもてなしにも。テーブルマットがあると食卓に変化がついてテーブルコーディネートにも差が付きます。
リネンやコットンなど布のものが一般的ですが、今回、紹介するのは、紙製。といっても使い捨てではありません。洗って使える「crep」(クレプ)のテーブルマットです。

工業用クレープ紙のテーブルマット

製紙会社の工業用クレープ紙(crep paper・クレプペーパー)から生まれたペーパーアイテムの「crep(クレプ)」。古紙が原料で、もともとセメント袋の口縫い用テープや電線類を包装する紙として使われてきたのだそう。そんな工業用クレープ紙を使ったアイテム「crep (クレプ)」の特長は

の3つ。耐水性のある工業用クレープ紙だからこその特長を活かして生まれたテーブルマットは、水に濡れても乾かせば何度も使え、また、多少の汚れなら、手洗いなどで洗って乾かせば落ち、また再度、使えるのだそう(ただし、使用頻度により水への耐性は徐々に弱まります)。
まさにサスティナブルなテーブルアイテム。さっそく使ってみました。

crep テーブルマット
テーブルマットは2ロールで計8枚が1セット。左から「 ストライプ ピンク&イエロー 」990円(税込み)、「BIRDS チャコール 」1,100円(税込み)、「FLOWERS ホワイト&イエロー 」1,100円(税込み)

いつもの朝食もちょっぴりセンスアップ!

まずは、朝食で使用。選んだのは「BIRDS チャコール」です。デザイナーの「BIRDS’WORDS」とコラボレーションしたシリーズで、北欧風のデザインと色合いが素敵で甘くなりすぎずさわやかな朝時間にぴったり。
普段あまりテーブルマットを使うことがないので新鮮なうえ、自分のスペースが確保できて気持よく食事できました。汚れても拭いたり洗ったりできるので神経質にならずに使えるのも◎。

crep テーブルマット BIRDSチャコール 朝食1
いつもはテーブルの上に直接お皿やカップを置いていたので殺風景でしたが、楽しくにぎやかな食卓に。
crep テーブルマット BIRDSチャコール 朝食2
落ち着いた色合いで料理や器の邪魔をしません。大人っぽい鳥のモチーフも素敵。
crep テーブルマット BIRDSチャコール
35㎝×45㎝と使いやすいサイズ感。8枚入りなので来客時にも使いやすいのもうれしい。
/

ハレの日のテーブルや、ひとり時間のおやつにも。

デザイナーとのコラボレーションは全部で6種類。黄と白の花模様がかわいらしい「 Tomotake(トモタケ)  」とのコラボレーションもあり、こちらは、ハレの日にぴったり。お祝いごとや、これからの時期ならひな祭りや子どもの日の食卓にもよく合いそうです。
ベースの色味としわ加工がほどよくカジュアルダウンしてくれるので、仰々しくならないのがポイント。いつもの料理だけど、ちょっと特別感がある、そんな絶妙なサジ加減です。
また、定番シリーズにはストライプやチェックなどがあり、バリエーションが豊富。ちょっと気分を変えたいおやつ時間にもぴったりです。

crep テーブルマット FLOWERS ホワイト&イエロー1
ひな祭りを想定して食器を合わせてみました。漆のお重との組み合わせも◎
さりげない模様と色合いで花柄だけど子どもっぽくなりません。
crep テーブルマット ストライプ ピンク&イエロー
黄のストライプに和菓子を合わせて。ひとりのおやつタイムが特別な時間になりそうです。
crep テーブルマット ストライプ ピンク&イエロー
テーブルマットと器の取り合わせを考えるのも楽しい。紙で枚数もあるので気軽に替えられるのもよいところ。
/

レジャーに使えるピクニックラグもおすすめ。

「crep(クレプ)」シリーズはテーブルマットのほか3サイズから選べるピクニックラグもあり、色柄も豊富。裏面に水をはじくラミネート加工が施されているため、濡れた地面に敷いても水がしみにくいのだそう。
今後もさまざまなアイテム展開が期待される工業用クレープ紙「crep(クレプ)」。オンラインショップもあるので、ぜひチェックしてみてください。

●サスティナブルの記事、他にもいろいろ
タオルは買い替えるよりメンテする時代。タオル専用のランドリーサービスを体験しました。
「1着を長く、深く愛するために」 細やかなサイズチューニングで、自分にぴったりのお洋服を仕立てる。
インドの手仕事を身にまとう。製造過程で捨てられる素材を再構築した『rétela(リテラ)』の春服。

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード