【料理家・飛田和緒さんの自宅の本棚】スタジオだった地下室を改築、書棚の鮮度を保つレイアウト法も必見!

飛田和緒 本棚 自宅 インテリア

本棚には本好きさんの思い入れが詰まっています。今回ご紹介するのは、自らも料理本を出版している料理家 飛田和緒さん。読み返したいお気に入りの本が取り出しやすいようにレイアウトが工夫された飛田和緒さんの本棚から、お気に入りの本3冊もセレクトいただきました。

何度も読み返したくなる女性作家の本を中央に配置。

海を見下ろす高台に暮らす飛田和緖さん。愛読書はその地下室でみそ樽や梅干しと一緒に快適な温度で保管されています。元の住人の音楽スタジオだった地下室に、階段を設置して1階からの新たな導線をつくり、壁一面のCD棚を書棚として活用。 「書棚を単なる収納場所で終わらせたくないので、目に留まった本を引っ張り出しては何度も読み返したり、特に好きな作家の本を中央に揃えてみるといった感じで整理しています」と飛田和緒さん。

飛田和緒
書棚の上段には好きなマンガも。壁や天井の装飾のようなテクスチャーは、スタジオだったときの音響機能の名残り。左側には1階へ18 続く階段。手前は自家製のみそ樽が熟成中。

再読を重ねてきた作品たち。

「好きな本に日本の女性作家が多いのは、内容もいいのですが、文体のリズムがよくて読みやすいからです」 (飛田和緒さん)

小さいおうち 中島京子
『小さいおうち』中島京子
「作者が同世代だから、共感する部分が多く、 流れるような自然な文体の中に、ぐっと心に刺さる言葉がちりばめられています」文藝春秋 1,739円。
類 朝井まかて
『類』朝井まかて
友人に勧められて『御松茸騒動』を読んで以来、大ファンに。時代物が多いのですが、堅くなくユーモアがあって、すっとその世界に引き込まれます」集英社 2,090円。
塩狩峠 三浦綾子
『塩狩峠』三浦綾子
「子供の頃から、本当に何回も読み返しているのはこの人。いちばん最初に読んだのは『氷点』。娘に勧めたら、文章が古すぎてわからないと言われてしまいました」新潮社 825円。
/

『ku:nel』2022年1月号掲載

写真/横山泰介 取材・文/黒澤弥生 再編集/久保田千晴

●その他、本に関するトピックいろいろ。

【作家・林真理子さん 最新おすすめの3冊】おもしろい本の選び方とは?
【作家・甘糟りり子さん 今だから読みたい3冊】築90年の日本家屋で、心落ち着く読書時間。
【作家・角田光代さん 最新おすすめの3冊】自宅のプライベート図書館公開!

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード