レモンジュースでトリートメント?! 乾燥から髪を守るパリマダムたちの秘訣とは。【パリの最新ヘアスナップ】

冬の空気の乾燥も相まって、髪のパサつきが気になる人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなお悩みを解消へと導くヒントとなるパリマダムたちの乾燥から髪を守る秘訣や、自身の持つヘアスタイルへのこだわりを教えていただきまいた。

マリー・ヴュイリエールさん/手芸店勤務 53歳

パリの最新ヘアスナップ マリーさん
【BACK】肩下のセミロングをキープし、バレッタでまとめるこのスタイルが定番。髪が乾燥する悩みを、レモンを絞ったジュースでトリートメントするというオリジナルのヘアケアで解消。
パリの最新ヘアスナップ マリーさん2
【SIDE】「驚かれるんですが、パサつきが抑えられてしっとりするので気に入っています」。バレッタ以外のまとめ髪のバリエーションを増やしていきたいそう。
/

フローレンス・ジャコブさん/インテリアデザイナー 52歳

【FRONT】「シンプルなダウンスタイルか、低い位置で結ぶポニーテールが好き。仕事の時はシニョンが定番」と3パターンの髪型を披露してくれたフローレンスさん。
パリの最新ヘアスナップ フローレンスさん2
【BACK】目下の髪の悩みは乾燥。「ビオのショップで購入したセラムを毎日つけ、週に一度はケラスターゼでヘアパック」。
パリの最新ヘアスナップ フローレンスさん3
【BACK】ダメージを防ぐため、シャンプーは2、3日に1度にセーブ。
/

セシル・レパローさん/法律家 50歳

パリの最新ヘアスナップ セシルさん
【SIDE】クセの強いロングヘアを低い位置でまとめ、20年前にピレネーで購入した牛の角で作ったバレッタで留めたナチュラルスタイル。
パリの最新ヘアスナップ セシルさん2
【BACK】「白髪が増えてきたら、髪が乾燥するようになってきたのが悩み。calatasのシャンプーを使うようになって調子がいいです。髪を洗った後は、自然乾燥させて熱のダメージから予防しています」。
/

モーガン・ラヴィノさん/ヘアスタイリスト 50歳

パリの最新ヘアスナップ モーガンさん
【SIDE】前髪のあるボブスタイルを、後ろでひとつにまとめたモーガンさん。ヘアスタイリストだけあって、前髪の長さや、結んだトップのボリュームの出し方が絶妙です。「フランスの女性はあまり前髪をつくることを好まないんです。でも自分の顔立ちとメガネには似合うと思って、ずっと前髪のあるスタイル。髪は温かみのある赤みブラウンにカラーしています」。
/

●真似したい!大人のまとめ髪の記事はこちら。
吉谷桂子さんのまとめ髪。オードリー・ヘップバーンやブリジット・バルドーのようなラフな雰囲気に。
憧れの先輩!川邉サチコさんのまとめ髪。「ヘアスタイルって固定しちゃいけないと思う」
公開!島田順子hair styleのつくりかた。整えないでナチュラルに。
【大人のまとめ髪研究1】無造作アップヘアで大人の優しいニュアンス。
【大人のまとめ髪研究2】頼れるターバンでおしゃれ感アップ。
【大人のまとめ髪研究3】アクティブに印象付ける高い位置のお団子スタイル。
【大人のまとめ髪研究4】お洒落な雰囲気を醸し出す三つ編み&編み込みスタイル。

『ku:nel』2021年11月号掲載
写真 新村真理/コーディネート 鈴木ひろこ/編集・文 今井 恵

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード