吉谷桂子さんのまとめ髪。オードリー・ヘップバーンやブリジット・バルドーのようなラフな雰囲気に。

英国在住中にまとめ髪を始めた吉谷佳子さん。映画の中の主人公のように、印象に残るまとめ髪に憧れて、試行錯誤を繰り返したのだとか。今回はそんな佳子さんのように、そのときどきで違った仕上がりが楽しめる、便利グッズを使用したまとめ髪をご紹介します。

前髪とまとめ髪にオリジナリティを感じさせる吉谷桂子さん。「イギリスに住んでいたときにヘアカットに頻繁に行けなくてまとめていたのが始まりで、もう30年くらいですね。美容師さんがやるのと完成度が違うのだけれど、〝あらよのちょちょいのぱっ〟と。そのいい加減さが気に入ってます。映画の中のオードリー・ヘプ バーンやブリジット・バルドーのまとめ髪が素敵だと思った残像が自分の中にあって。そのまま真似しても似合わないのだけれど、自分らしさをどうしたらだせるかずっと探してきた結果が今の髪型。もう変えようと思わなくてもいいのかなと思います。そのときどきで仕上がりのできは違うけれど」。

後ろ半分を頭頂でゴムで束ねる。前部分の髪と合わせて頭頂で捻りながら毛先を巻き込む。3の金具を髪に引っかけお団子の周囲に1周半程度巻き、逆側の金具を固定。全体を整える。

「髪を切るときに、襟足の毛をトップ まで上げてアップにしたときに落ちないギリギリの長さをキープしてもらいます」。すべてはまとめ髪のため。

フロントに固定した上から髪をかぶせてボリュームが出せるグッズ(上)と、 ゴムの両サイドに髪に引っかける金具が付いた便利グッズ(下)を愛用。

サイドの後れ毛を留めるには5のダブルコームを活用。トップで束ねた髪をまたぐように両サイドを下からコームで固定。ゴム部分は束ねた髪で隠す。

数年前に自らのアイデアで製作したダブルコーム。2つのコームをゴムで繋げただけで機能的に。ボタンやビーズでデコレーションして華やかさも。

/

ヘアスタイルに関する記事、他にもいろいろ
【人気サロンの美容師に聞く】安全かつ確実に綺麗な仕上がりに。前髪セルフカットのコツ。
ショートでもできる簡単へアアレンジが、なぎのりこさんのマイブーム。
【パリで見つけた素敵な髪型】エイジングを味方につける大人のヘアスタイル:ロング&ショート編
美しいシルバーヘアが印象的なセミロングスタイル
スタイル調整&パックで、ツヤのあるボブヘアをキープするパリマダム。

『ku:nel』2020年11月号掲載

写真 目黒智子 / 取材・文 黒澤弥生

キーワード