公開!島田順子hair styleのつくりかた。整えないでナチュラルに。

自身のブランド、『JUNKO SHIMADA/ジュンコ シマダ』を経営しながら、現在パリ郊外の家に暮らす、島田順子さん。いつもオシャレな島田さんですが、素敵なまとめ髪のコツはあまり意識しないことなんだとか。今回はそんな島田さん直伝、手間と時間をかけずにできるまとめ髪をご紹介します。

きちんとまとめすぎずに毛先を遊ばせて、前髪はふんわり。お手入れには、匂い
のない馬油を少しだけ。

「頭頂でぐるぐるっとまとめるだけで、たいしたことはしていないんですよね。人前にでるときはU字ピンで留めるんですけども、普段は鉛筆で留めたり適当。髪の毛を下ろしてカールするような余裕がないので、時間的節約のためにまとめているだけなの」。という島田さんに、髪を短くしたら手入れも楽なのでは?と質問したら、 「髪の毛が伸びるのがすごく早いので、 短くしたら、しょっちゅう美容院に通わないといけないでしょ」。そうして、 いちばん手間のかからない髪型をしていた結果が、まとめ髪だったのだとか。

髪が伸びるのが早いので、どんどん伸びてくるという後れ毛も、襟足に少し残すのが島田さん流スタイル。

普通は、髪型はきれいにまとめたいものですが、島田さんの場合は、 「意図的にできるほどの髪型じゃないからいい加減。結局、いつもいい加減になってしまうので、自分で決まった!と思うことはあまりないんですよね。意識してきれいに持ち上げたりすると逆に不自然になるんですよね。後れ毛がさっと落ちるような感じがちょうどいい。だからあまり意識しないようにやってます」。どうやら島田さんのまとめ髪がさりげなく見える秘訣は、手間と時間をかけず完璧を目指さないことのようです。

顔の両サイドから髪を持ち上げて頂上で束ねたら、ぐるぐるっとツイストし、大きなU字ピンで留めるだけ。

HOW TO

両サイドから持ち上げた髪を、頭頂部でひとつに束ねる。(ゴムなどでは結ばない)

まとめた髪の根元を左手で持ち固定し、右手で髪を根元周りに巻きつけていく。

毛先を根元部分に巻き込むようにして、U字ピンで留める。

夜会巻きのように後部をひねり上げ、長めのU字ピンで留めて固定させたら完成。

/

そのほか気になる島田順子さんの記事
島田順子さんインタビュー。「見た目アップ」するための心得とは?
島田順子さんのパリ郊外での暮らし。気の合う若き隣人たちと送る、賑やかな生活。
島田順子さんがコロナ禍に思うこと。小さな幸せに感謝して生きることの大切さ。
「現実にパラダイスは存在する」。島田順子さん、ロックダウンで変わった仕事と暮らし。
デザイナー・島田順子さんの愛する「魂を持つ」アクセサリー。

『ku:nel』2020年11月号掲載

写真 松永 学 / 取材・文 黒澤弥生

キーワード