整理収納アドバイザーが辿り着いたクローゼット収納の極意。楽しい「ひとりファッションショー」とは?

青木美詠子 収納

<クウネル・サロン>プレミアムメンバー青木美詠子さんに収納のコツを教わる連載。整理収納アドバイザーの資格をもつ文筆家で、とにかくおうちがすっきり、気持ちがいい。「すっきり住まい」の秘訣を少しずつ教えていただきます。今回の収納場所は衣替えもあり常に洋服が増えていきがちなウォークインクローゼット。

今回は、ウォークインクローゼットです。設計の際、自分の部屋を小さくして捻出した細長いスペース。その両側にパイプを通し、右が私、左が夫の服です(少し整えましたが、多くの洋服をきれいに撮るのが難しく、こんな感じで失礼します……)。

下の引き出しは寝室と同じく、前のマンションで使っていた押し入れ用桐タンス。

夫側。予備校講師でシャツが多いですが、処分もぱっと決められる人。上は両側とも棚にし、寝具や布などを。

/

洋服は弱い分野なので、減らせない方のお悩みも心底わかります。できなかった方法もいろいろ。「2年着ない服は処分する」とか、「1枚買ったら、1枚処分する」とか……。長く着てないのに後で急に着る服もたまにあるし、何かを買ったからといって、どれかを処分するのは、つらくて。

定期的に「ひとりファッションショー」で選別を

私が長年続けている方法は、「全部の服を出し、着てみて判断」です。時間もかかりますが、楽しもうと考え直すと、ファッションショー的娯楽にもなります。確実に必要な服は着なくてもよく、意外と数時間から半日で終わったりも。やはり手に持つのと、着るのは大違いで、「キツい」、「今の自分には若すぎ」、「これを着てどこへ行くのか」、「気分が下がる」、「肌触りが」など、一発でアウトにできやすいのです。

それでも「着るかなあ」と迷うものも多く、戻したりも。でもそれを繰り返すと、「ずっと着ていないこれを何回出したり、しまったりしてるんだろう。時間も場所も気力も無駄すぎ」とあきれ、ついに処分できたりします。面倒ですが、この儀式を通過すると、本当に着ないと確信が持てるのです。また「なぜ減らないか、自分特有の理由をよく考える」も有効。「私は冷えとり健康法をしていて、汗をよくかくので、Tシャツなど多く必要。だからミニマリスト的少なさにはならないのだ」などと認識でき、少し自分を許せたり。また「布好きで捨てられない人なのだから、気軽に買わない」も発見できたことです。

「全出し」ならアイテムの把握も

今は大量に減らせなくても、「クローゼット全出し」後に数枚ずつでも減るのが楽しみ。たまに『無印良品』のセールなどで買ってしまいますが、お店でも強く警戒し、「今パンツは多いから、1本も買わない。探すのはカーディガンのみ」などと抑制できるようになりました。

「全出し」をすると、持ちすぎてるアイテムが頭に入り、抑止力になるのです。また戻す途中で、コロナ禍では外出着より、カジュアルなものが必要と気づいたりも。そしてあまり減らなくとも、全貌を把握できて頭がスッキリします。

愛用のハンガーを駆使してコンパクトに

私と違い、おしゃれが好きでどんどん増える方は、より真剣に考えてフリマや寄付、資源ゴミなど、自分なりの循環方法を確立しないとたいへんです。「買い続け、詰め込み、着ない」は、洋服好きとは言えないかも。細かい話としては、ハンガーを揃えるときれいに見えます(うちのは大昔にドンキで揃えた100円の木製ですが)。でもカーディガンが滑り落ちるので、重ね掛けに。それをやめたくて探した『TAYA』のハンガーがとてもいいです(有名な「マワハンガー」はなかなか1本で購入できず、試せないまま)。

「TAYA」のハンガー。先のほうだけ、ビニール的なものがはめられてて滑らず。でもサラッとしてます。

「TAYA」にそのまま掛けても大丈夫ですが、ニットは肩が出るのをより防ぎたく、裏返すことも。またシャツなど木製ハンガーに干す時も、肩が出ないよう裏返して掛け、そのまま収納、が多いです。

大掛かりな衣替えはしませんが、季節外の服に防虫カバーを掛け、マスキングテープに中身を書くと便利。省スペースのために数枚重ねたりもしてますが、いずれは服を減らしてやめたいです。

ボトムが多すぎで、アマゾンで探した「ズボンハンガー」。でもコンパクトになり、1枚ずつ横から取れて便利です。季節外のものを収納。

シワになってもいいものは引き出しに。簡単な「袖だたみ」しかできませんが、雑でも四角くすると見やすく取りやすい!と実感。空いたら、奥へと押します。うちはハンガー主流ですが、たたむって実に省スペース。

/

洋服を買う時は、「洋服&スペース」とひとくくりで考える癖をつけたほうがいいかもしれません。私も「セールに行かなかったから、お金も使わず、クローゼットのギュウギュウを加速させなかった!」なんて思うようにもなりました。家のクローゼットを守りましょう。

キーワード