【おしゃれ姉妹のファッションスナップ④】姉妹おしゃれは建設的!「背景が似ているので感覚が合うんです。」

肱岡姉妹

以前ミラノブランドで働いており、現在は自身のブランドを立ち上げた、肱岡尚子さん。そんな姉に影響を受けながら、自分のおしゃれ感性を磨いてきた、妹の香子さん。そんなお二人に、姉妹だからこそ刺激しあえる関係や、それぞれのおしゃれのこだわりを教えていただきました。さわやかで個性的なお二人の感性に触れてみてください。

共通する感覚は貴重。刺激もし合う関係。

Hijioka Sisters
『naocono』デザイナー 肱岡尚子さん(右)
フードスタイリスト 肱岡香子さん(左)

肱岡姉妹
尚子さん(右・ 「naocono」デザイナー)はアパレル数社を経て3年前、“毎日着たい服”をテーマに「naocono(ナオコノ)」ブランドを始動。http://www.naocono.com/オンラインストアも。3歳下の香子さん(左・フードスタイリスト)は雑誌や書籍の料理スタイリングを中心に活躍。自著に『東京手みやげ美人』が。

姉が以前ミラノブランドで働いていた影響もあって、上質な服の魅力にはまり、ハイブランドをよく身に着けていました。今はがんばったおしゃれではなく、楽でおしゃれ感のある服をシンプルに合わせる志向に」と香子さん。

肱岡姉妹
姉を通していいものに出合う妹ならではのメリットも。

今日はワンピースとバッグが今季のマルニ。サンダルも……「マルニは1アイテムでも様になるし、着やすいので重宝。姉の服ともトーンが合って」

ティファニー バングル
天然素材の服にアクセサリー、香子さんらしい上品な風情 「以前はたくさんつけていたけれど今はほどほど」。カメオピアスやリングは国内外で買ったアンティーク。バングルはティファニー。よく着ているnaoconoのジレとワイドパンツをマルニとバランスよくMIX。

尚子さんは自分のブランドを始めても服への姿勢は変わらないと言います。「経験的に知っている『いい素材』でリラックスしながら、どこかにきちんと感を出せるのがいい。どうしても着たい服=作りたい服になります」着こなしからも気分は伝わります。

チャーチのスタッズ付きシューズ
夏から秋へ明るめの服、ブルーがいい感じと尚子さん。チャーチのスタッズ付きシューズにボーダーソックスが可愛い。紫系ブルーのブラウス、ベスト、デニム、ユーカリペンダントもnaocono。バレンシアガのマルチボーダークラッチも鮮やかに効いています。

「妹は昔からおしゃれ。通って来た背景も似ているので今、感覚が合うんです。情報交換するし、買い物を託し合ったり、服にアドバイスももらいます」と尚子さん。姉妹おしゃれは建設的!

●ファッションに関する記事、他にもいろいろ。
◎【おしゃれ姉妹のファッションスナップ①】かっこいい!菜木のり子さんシスターズ登場。
◎大人の女性に人気!台湾発ファッションブランド『ヂェン先生の日常着』が並ぶ『hao_yifu(ハオイーフ)』
◎おしゃれ上級者・岡本敬子さんの白のコーディネート。「レフ板効果のある白は、大人におすすめのカラーです」

『ku:nel』2021年9月号掲載

写真 玉井俊行 / 取材・文 原 千香子

キーワード