家族が幸せになるフランスマダムの部屋作りって?秘訣はシンプル素材に少しの個性をプラス

マリーポール・ミンチェリさんの部屋1

家族が増えたことで、思い切って部屋も増築。「インテリアを考えるのが楽しい」という、素敵なフランス人マダムの部屋を訪ねました。

中心部から離れていても、学校や公園、個人商店やマルシェもあり、ファミリー層に人気が高いパリの15 区。

マリーポール・ミンチェリさんは、この地区に、なんと45年住んでいるといいます。 「今の部屋は 25 年前に借り、途中で売りに出て、比較的安かったので購入しました。そして子供が3人になった頃、タイミングよく隣の部屋が売りに出たのでそちらも購入。広さが一気に、倍の200㎡になりました」

壁を壊してワンフロアにしたものの、ふたつの部屋のレイアウトを生か し、片側を息子ふたりの部屋、片側を娘と夫婦の寝室にし、ふたつのキッチンは、片方をランドリールームにリノベイト。

「内装にはシンプルな素材やニュートラルな色を選びました。ファッションと同じですが、永遠の定番的なものをベースにして、少し差し色を加えるのが好きです」

整理整頓が、気持ちよく過ごすための秘訣と語るマリーポールさん。どの 部屋も素敵ですが、一番のお気に入りは、「寝室です。広さも 40 ㎡あるので、ソファを置いたり、好きなライトやラグ を選び、自分の世界観にしました」

ヘリンボーンの床と天井のモールディングのエレガントな白い空間に、シ ックなファブリックがぴったりです。

「子供が全員独立したら、パリの中心地でテラスがある部屋に引っ越した いですね。ガーデニングを楽しんでみたくて」

ベッドルームの暖炉を中心に、ソファを置いたり、好きなものを置いて自分らしさを演出し た大好きなコーナー。

夫婦のベッドルームはマリーポールさんの好きなものだけでデコレート。ここでゆっくり本を読んだり、自分だけの時間を過ごすのが好きだそう

キッチンのダイニングテーブルの後ろには一見だまし絵風のドアが描かれたマルタンマルジェラのホームコレクションの壁紙を貼り、広さを演出。

リビングの暖炉の上は、イタリアのデザイナーのランプやキャンドル、ラッキーチャームであるフクロウなど、全体を黒でまとめたコーナー。

ダイニングルームの棚の上は白の陶器やガラスのケーキスタンドなど、色のトーンを統一。左のランプはスタルクの作品。

他の白い部屋とは対照的にグレーの扉と黒い天板のキッチン。スパイスや乾物などはガラスのキャニスターで見せる収納で演出。

グレーを基調に他の部屋と比べるとシックにまとめたキッチン。

マルジェラのホームコレクションの壁紙でグレーのアンティーク風の扉を。マリーポールさんのお気に入りの演出法。

ベッドルームの暖炉を中心に、ソファを置いたり、好きなものを置いて自分らしさを演出した大好きなコーナー。

ソファはパリのインテリアショップMis en Demeureのもの。カーペットはキャラバンで購入。大きな窓から光がはいる趣のある部屋。

AM.PM.のダイニングテーブルを中心に、フィリップ・スタルクデザインの透明のランプとチェアゴースト、イームズの復刻版など。

/

キーワード