【島田順子さんのいつものご飯①】ブローンマーロットの台所から。お気に入りの食材をご紹介。

料理上手で知られる島田順子さん、どんな食材を選び、日常の料理やご飯をどう楽しんでいるのでしょう。パリ近郊の美しい週末の家で、その腕前を見せていただきました。

パリから車で約1時間。フォンテーヌブローの森にほど近いブーロンマーロット村に、島田順子さんが愛してやまない週末の家があります。仕事場のあるパリとはまったく違った、ゆっくりとした時間の流れるところ。3000㎡の敷地に建つ18世紀に建てられたこの自宅が、島田さんが心からくつろげる場所なのです。

この家を買って30年弱。近所には長い付き合いの、かけがえのない友達も住んでいます。多忙なときは外食も多いという島田さん。でもここではお得意の手料理に腕をふるうことが多いのです。「私が普段作るのはどれも手間のかからないシンプルな家庭料理です。簡単料理のポイントはね、新鮮な季節のものを使うこと。これに尽きますね。

素材がよければ、手間をかけなくてもお料理はおいしいのよ」都心を離れればすぐに、豊かな農村地帯が広がるフランス。肉はあまり口にせず、野菜を使った料理が好きな島田さんが愛するフレッシュな食材が安く手に入ります。自然食品を扱うお気に入りのスーパーもすぐそば。

「街で買うより安くて新鮮なの」。いい素材を手に入れるためのお店リストは料理の基本。フォンテーヌブローのマルシェより、最近は街道沿いの八百屋さんがお気に入り。

野菜だけでなく、ハーブ類の種類もたっぷり。

/

さて、ご飯の買い物に、まずは街道沿いの、スタンドで売っている八百屋さんへ向かいます。「野菜とフルーツが豊富に揃う夏の間だけ開業しているお店なの。旬のものしか売らない、っていう気持ちがいいでしょ」野菜をたっぷり買った後は、フォンテーヌブローの顔見知りの鮮魚店やチーズ店を回ります。納得がいくものを置いている店のリストは島田さんの頭の中に整理されていて、買い物に迷いはありません。

島田さん キッチン

今日のメニュー、しんじょ用の魚はフォンテーヌブローのなじみの魚屋さんで。

魚を見て、お店の人と相談しながら、納得のいくものを選びます。

/

こちらはチーズの専門店。今日の献立を聞いて、デザート用に合うものをお店の人が選んでくれるのだとか。

ハードなヤギ乳のチーズなど、数種類を。

/

おしゃれなディスプレイのお菓子屋さん。マカロンと、生姜のコンフィをチョコレートでコーティングしたものを今日のお楽しみに。

何よりもお花を愛する島田さん。季節によって、庭では見当たらない種類のお花は専門店で買い求めます。

/

『ku:nel』201611月号掲載

写真 松永学/取材 松永麻衣子/文 船山直子


そのほか気になる島田順子さんの記事
島田順子さんのパリ郊外での暮らし。気の合う若き隣人たちと送る、賑やかな生活。
島田順子さんがコロナ禍に思うこと。小さな幸せに感謝して生きることの大切さ。
「現実にパラダイスは存在する」。島田順子さん、ロックダウンで変わった仕事と暮らし。
デザイナー・島田順子さんの愛する「魂を持つ」アクセサリー。
公開!島田順子hair styleのつくりかた。整えないでナチュラルに。

キーワード