ドイツビールをふんだんに使った個性的な欧風カレーを築地のドイツ料理専門店で。

カレー ピラミッド

ドイツ料理というとソーセージやザワークラフト、ニシンの酢漬けなどが思い浮かびます。ところがドイツ料理店・『ピラミッド』の看板メニューは意外にもカレー。その理由は?

ドイツ料理専門店ながら「日本で人気洋食の頂点はやっぱりカレ ー。そのカレーを看板メニューにしたかった」と、シェフの山本扶桑さん。
基本のソースは、ふんだんに入れたキャベツの甘み、ワインビネガーを効かせた酸味、そして水代わりに贅沢に使ったドイツ直輸入の樽生ビールの苦みがミックス。さらに隠し味に鰻のタレを加えた個性派。そのユニークな味覚の虜になる女性客も多く、トッピング付きのランチはいつも満席御礼。

●ソーセージカレー
器からはみ出るほどのソーセージが豪快。¥890(昼は税込)。生クリームは調整可。山本さんが「神 秘の野獣」と命名するもう一つの人気メニュー、激辛キーマカレーのソースとハーフ&ハーフで注文して楽しむ常連さんも多いのだとか。(中辛で+¥50)

程よい苦みと酸味の競演。小麦入りのパウラーナービール¥910、浅漬け感覚でいくらでも頂ける自家製ザワークラウト¥800(昼は無料でカレーにトッピング可)。カレーの箸休めに最高の相棒。

珍しいフランケンワインのボトルやドイツビールが並ぶ店内。眺めているだけでほろ酔い気分に。

/

キーワード