【50代の挑戦】いつでも“始める”冒険者。日本から台湾に移住して、学んだこと。

雑誌のエディターから会社経営者へ。生まれ故郷東京から、九州は宮崎県を経て、台湾へ。仕事や環境、ベースを変え、生きる池田真央さん。何歳でも、どこででも、チャレンジをする池田さんが、移住することになったきっかけや、台湾で学んだことを教えていただきました。

執筆や編集、デザイン、イベント、ブランディング、商品開発。池田さんの仕事は多岐にわたります。そのルーツはかつて移住した宮崎にあるそう。「宮崎では〝編集〟の視点を生かしてできる仕事なら何でもチャレンジしました。宮崎の皆さんのおかげで事業内容の幅がぐぐっと広がって。その頃、自身の拠点や視野をもっと広げたいと思ったんです」。

中国語での寄稿を目指して。
「会話はもちろん中国語の文章が書けるようになって中国語圏の媒体に寄稿をしたい」という目標が。シュタイナー本も並行して読書。

それは長女の小学校入学のタイミングでした。「日本以外の国を知ってみたいね、九州や東京とも行き来しやすいし、友達もいる、しかも娘たちにぴったりなシュタイナー教育の学校もある。よし、台湾だ!と夫婦で決心。42歳の時です」 。

Something Goodな発信を。
地球環境のために〝何かいいこと〟をしたいと、友人のmayumiさんと作戦会議。
「50歳までに等身大の視点でコンテンツを作ります」

意気揚々と夫と娘二人で台湾に来たものの「ずっと言葉に関わる仕事をしてきたのに、言葉が一番の苦手分野に。中国語に対して苦手意識がいっぱいでした。でも、諦めたくない…と気合い を入れ直したのは、 50歳が見えてきた45歳になった時です」。〝中国語の勉強〟をきちんと始めると決意をしたそう。

シュタイナーの店を開店。
同教育関連の商品や作家の作品をセレクトしたショップを台湾でオープンするために、子どもたちのニーズと生の声をリサーチ中。

同時に〝シュタイナー教育の勉強〟もスタート。「教育や人権、政治にも柔軟な台湾では学ぶことがたくさんあります。台湾在住日本人として、環境についての発信も準備中です」。池田さんから伝わってくるのは、何歳でも、どこででも、チャレンジも、始めることも、可能だということかもしれません。

ともに冒険する仲間でいる。
支えてくれている家族や友人に感謝しながら、いつでも〝始める〟冒険者でいること。仕事面でも日台でチャレンジを重ねていく予定。

●セカンドライフに関する記事、他にもいろいろ。 
【私のこれから】作家・篠田節子さん。介護と病の経験を経た、自身の人生観とは。
【愛猫と過ごす新しい生活/前編】ステイホーム中、「いましかない!」と、猫との暮らしを決意。
【私のこれから】料理研究家・枝元なほみ。直感と本能を信じ、料理と共に生きる道。
ファッションの記事で日本とパリを繋ぐ、実力派日本人ライターのこれまで。そしてこれから。

『ku:nel』2020年5月号掲載

写真 KRIS KANG/撮影協力 mayumi studio taipei/編集 河田実紀 Hata-Raku

キーワード