「若見え」は誉め言葉じゃない! ?年齢に縛られないフランス人。『トリコロル・パリ』の2人が語るフランス人のこと。

今年3月にエッセイ集『フランスの小さくて温かな暮らし365日』を出版したばかりの、荻野雅代さんと桜井道子さん。おふたりは、フランス・パリにまつわる情報サイト『トリコロル・パリ』を運営しています。フランスに暮らして約20年。エッセイでは、日常生活の中で気づいたことをたくさん綴っています。

『フランスの小さくて温かな暮らし365日』の紹介記事はこちらから

ページを開くだけで、一気にフランスの空気を感じる本書。フランスと日本の文化や生活スタイルなど、さまざまな違いを楽しみながら読んでいるとまるでフランスで暮らしているかのような気分に。

今回、著者のふたりに日仏の違いについて尋ねると、長年暮らしたからこそ語れるトピックスが満載でした。

他人に無頓着!?
他者がどう思うかあまり気にしないフランス人

「フランスでは他人が何をしているかあまり気にせず、良い意味で無頓着なので、日本に比べて周りの視線をあまり気にしません。自分にも他人にも甘めで、ゆるい空気感のおかげで気楽に過ごせている感じがします」(桜井さん)

本より抜粋。フランスのビーチでは、年齢や体型を気にせずビキニを着る様子に自由を感じるそう。

永遠の定番、マリニエール(ボーダーシャツ)。フランスではトレンドよりも、良いものが永く愛される価値観が根付いている。

/

本の中でも、結婚への価値観や職場でのバカンスの取得の仕方などからも、他人にはあまり執着せずさっぱりしていることが綴られています。街中で芸能人とすれ違っても全く動じないエピソードも。

「若見え」は誉め言葉じゃない!
年齢に縛られないフランス人

「他人に無頓着、というエピソードにも通じるところがありますが、フランスでは年齢という数字に縛られない人も多い印象です。もちろん、若く美しくありたいと願う気持ちから、スキンケア商品やサプリなどへの関心も高いです。ですが、実年齢が50代なのに40代や30代に見えるのが良い、という褒め言葉や価値観はあまり聞きません」(荻野さん)

フランス語では「先輩」「後輩」のような言葉はなく、さらに「同じ年」「同期」という意識がほとんどないことも本の中で綴られています。若くあり続けることと、実年齢は別問題。ついつい年齢に囚われてしまい、若く見られたい日本人にとって、なんだか羨ましくも感じます。

「50歳になったらこういう服装はできない」など自ら制限することはかなりの少数派。

「本では書けなかったのですが、フランス人女性が日本人女性に憧れているところもたくさんあるんですよ。日本人はシワができにくく老けにくい、みんな細身というイメージを持っています。また、“生きがい”や”ZEN”のような日本由来の考え方も支持されています」(荻野さん)

どうやら、日本人が一方的にフランス人に憧れているだけではないようでした。また、本の中でも、フランスで有名な日本人がずらり紹介されているページもありました。

ときどき恋しくなる。
改めて思う、日本のいいところ

「もちろん日本が恋しくなることもあります。コンビニ、 野菜たっぷりの料理 、温泉やマッサージ……挙げればキリがないですが、日本は治安の良さと公共の場の清潔さが素晴らしいですよね」(荻野さん)

フランスではインテリアは足し算の美学だそう。白い壁に絵や写真を飾らずにはいられない!

海外旅行をすると、日本の治安の良さと街の清潔さを痛感しますが、やはりそれはふたりも同じようです。

「パリも20年前に比べると、道に落ちているゴミや犬のフンは減っているようにも感じますが日本に比べるとまだまだ。住まいや服装はきちんと清潔にしているフランス人なのに、みんなが共同で使う場所に関してはあまり気にしていないというのが不思議です(笑)」(荻野さん)

カフェのテラス席での時間は、これからの季節のお楽しみ。ミント水が夏の定番メニュー。

「あと、日本は利便性を追求するところも素敵。例えば、フランスは食品パッケージのひとつとっても不便に感じる場合が多いです。デザインは洗練されていて素敵なのですが、使いやすい工夫が施されているものは多くありません」(桜井さん)

フランスのスーパーに行くと、ジャムの瓶やお菓子の箱などの食材のパッケージの可愛さに惚れ惚れすることも多いですが、利便性よりもデザイン性を重視してしまうフランスらしいトピックスでした。

本より抜粋。四季折々の旬を手づくりジャムに。もうすぐ無花果の季節。

7月と8月はバカンスシーズン。

朝ごはんは甘いものを少し食べるのがフランス流。

フランス人にとって欠かせないチーズ。

/

他にも、現地に長年暮らすふたりだからこそ書けるトピックスがたっぷりの本書。ぜひフランスでの暮らしに想いを馳せながら、読んでほしい一冊です。

キーワード