食べることが地球のために。カカオの廃材から生まれたサステナブルなチョコ〈ECOLATE〉を試食してみました

ECOLATE

疲れた時に口にするチョコレートは至福のひととき。世界中で愛されるチョコレートですが、これまで生産体制と環境への配慮がなされておらず、このままでは2050年までにチョコレートが食べられなくなってしまうと言われているそう。その社会問題解決のために「カカオの廃材」に目をつけけたチョコレート〈ECOLATE〉が誕生しました。

癒しや安らぎの瞬間を与えてくれるチョコレート。おうち時間の長期化もあり、さらに 需要 が高まっているそう。日本のチョコレート市場は、10年で35%も成長しているのだとか。一方で、問題になっているのがカカオの生産における社会問題。大量生産・大量消費、価格低迷を背景に、カカオ農家の多くは貧困状態にあり、児童労働、低賃金、危険労働環境への配慮や生産体制の改善が急務になっています。

そんななか、「カカオの廃材」に着目したサステナブルなチョコレートが、『LIFULL』のプロジェクトから誕生しました。チョコレートの製造過程では、カカオの7割が廃棄されてしまうそう。その廃材を新たな食材として活用することで、カカオ農家の貧困問題を解決する第一歩にできないかという想いから生まれたのが〈ECOLATE〉です。

開発には、発売と同時に売り切れてしまうことで人気の『PAYSAGE』の江藤英樹シェフと上妻正治シェフが携わっており、美味しさも保証ずみ。

ECOLATE CARRE(エコレート カレ) ¥2,200円 江藤 英樹シェフ開発 カカオ豆の殻、枝、葉から生まれた新しいひと口チョコレート (左)カカオ豆の殻の含有量50%:カカオ豆の殻を感じる食感と、ビターな 香ばしさ。 (中)枝の含有量20%:ほのかな枝の香りと食感で、舌の上に木々を感じて。 (右)カカオ豆の殻・枝・葉の含有量30%:まるで森にいるような香りと3 種の素材が新しい食感を奏でる。

ECOLATE TABLETTE(エコレート タブレット) ¥ 1,760円 上妻 正治シェフ開発 カカオ廃材含有量33% カカオ豆の殻から生まれた新しい板チョコレート パウダー状にしたカカオ豆の殻を33%使用した板チョコレート。 口いっぱいに広がる、カカオとココナッツが織り成す豊かな風味。 ほろ苦い甘さのなかに、酸味を感じる大人な味わい。 カカオ豆の殻の歯触りとその後に続くなめらかな口溶け。

/

一般的なチョコレートの製造ではカカオ豆の「カカオマス」や「ココアバター」が使用されますが、〈ECOLATE〉で使用されているのは、通常であれば廃棄されてしまうカカオ豆の殻や、枝、葉といった部分。殻はザクザクとした食感で、枝や葉は木々を感じる香り。食べることが地球のためになる、新しい美味しさをぜひ試してみてください。

●「地球のため」のものやこと、そのほかの記事
「お肉を休む日を、つくろう」ってどういうこと?『コメダ珈琲』の新業態『KOMEDA is□』の取り組み。
森林浴するような心地良さ。資生堂から新スキンケアブランド「BAUM(バウム)」が誕生。
野菜不足を手軽に解消!素材のおいしさが丸ごと味わえる『zenb』のある暮らし。
キッチン「脱プラ」計画。エコグッズ導入でゴミも罪悪感もぐっと減ります!
マイボトル持参で水を詰め放題。「無印良品」が始めた新しい試み。

キーワード