コーヒーが誰でもおいしく淹れられる工夫満載!『マーナ』の「Ready to」シリーズ。

マーナ レディートゥ

在宅ワークが当たり前化しているいま、「コーヒーで一休み」という機会も増えているのではないでしょうか?せっかくなら「もっとおいしく」、「もっと便利に」。そんな需要にフィットする便利な道具が生活雑貨メーカーの『マーナ』より登場しました。

トースターに入れるだけでトーストをふっくらと焼き上げる陶器「トーストスチーマー」 や、短時間で折りたためるエコバッグ 「Shupatto(シュパット)」 などが人気の『マーナ』 。生活がより豊かに便利になるアイデアグッズを多数発売していますが、今度は「だれでもおいしく淹れられる工夫が詰まったコーヒー道具 」のシリーズ「Ready to」が登場しました。

「Ready to」には「準備ができて」「支度が整って」という意味が。簡単に、迷うことなく使える Ready to アイテムで、いつでも「おいしい一杯」が淹れられるようにとの思いが込められたツールなのです。

ひと振りで一杯分計量できるコーヒー粉キャニスター

マーナ レディートゥー

まずは、計量スプーンや、はかりなしで一杯分(12g)が量れるコーヒー粉キャニスターをご紹介します。 さかさまにすることでフタ部分に1杯分の粉が溜まって、向きを元に戻すと、注ぎ口の下のスペースに1杯分が移動します。1杯目はフタをしたまま計量し、2杯目以降はドリッパーに注ぐ際に次の分の計量ができるという驚きの仕掛けなのです。

片手で作業できるのはとても楽ちん。

計量の必要なし!

スリムなボトルは、ストック棚でもスマートに収納できる。

/

美味しさの秘訣「蒸らし」のコツが分かるドリッパー    

マーナ レディートゥ
おいしさの秘訣「蒸らし」のコツがわかるドリッパーと一杯分の適量が見えるマグカップ。

ハンドドリップコーヒーの場合、おいしさの秘密は「蒸らし」といわれています。ただ、素人には適度な蒸らし時間やお湯の注ぎ方が難しいもの。それをクリアしたのがドリッパー・マグセット 。

ペーパーフィルター(円錐形)を折らずにセットできる。

「らせんスロープ」は、おいしさを十分に引き出せる速度でドリップできるデザイン。

ドリッパーの下部にある「タンク」にコーヒーが落ち始めたら「蒸らし」のお湯をストップするサイン。

「蒸らし」が完了したら、あとはお湯を中心にポトポト注ぐだけ。

カップにも工夫が。目安ラインがあり、一杯分のコーヒー粉12gに適した抽出量(130mL)がひとめでわかるカップは、あたたかみのある美濃焼。

/
マーナ レディートゥ
ハンドドリップの競技会に審査・運営で10年以上携わっているコーヒーのエキスパ―トと開発。担当は、墨田区本所のハンドクラフトコーヒー専門店「SUNSHINE STATE ESPRESSO」/日本スペシャルティコーヒー協会委員 杉内滋(ホゼ)氏。

●そのほか、コーヒーやお茶のトピックいろいろ
『UCC上島珈琲』から、今年もムーミンコラボが登場! 夏にぴったりなアイスコーヒーも。
こんなの欲しかった!コーヒーかすを再利用。『マーナ』の〈コーヒーかす消臭ポット〉。
料理家・門倉タニアさんのお茶時間。こつこつ集めたイギリスのアンティークカップを拝見。
日々のお茶は安心なもの、日常使いできるものがいい。故郷への愛溢れるお茶の時間
人とは違うおしゃれに!コーヒーの麻袋をアップサイクルした世界でひとつだけのバッグ