2020年に最も読まれた記事まとめ~ファッション編

島田順子さん 見た目アップ

2020年の記事を振り返る連載もこれが最終章。最後はファッションについてのトピックです。お出かけや人と会う機会が極端に減り、おしゃれをする機会が減ってしまった今年。そのなかでも、モチベーションアップのために、自分のためにおしゃれをするという方も多く、その姿勢に背中を押してもらいました。

白シャツもこう着るとかっこいい!大人カジュアルの見本のようなコーディネート。

記事はこちら

フランシス ステアースさん
大好きなブランド「トースト」のジャケットを主役にして。

数あるファッショントピックのなかで、一番人気の高かったのはこちらのスナップ。ロンドンの街角で見かけた素敵なカジュアルスタイルです。ひとつひとつベーシックなアイテムですが、色の組み合わせや全体のバランスが絶妙で「さすが!」の一言ですね。

女優から刺繍作家へ。神津はづきさんがつくるグラマラスでチャーミングな刺繍。

記事はこちら

神津はづきさん

刺繍作家として活躍する女優の神津はづきさんのとってもチャーミングなブローチの記事です。ストッキングをベースにした刺繍は自由で繊細。かっこいい女性が多くモチーフに登場し、とにかくその世界観は素敵なのです。

結城アンナさんの素敵な私服と着こなしを大公開~きれいな色を入れる~

→記事はこちら

結城アンナさんトリミング

クウネルで絶大な人気を誇る結城アンナさん登場!毎回、誌上で見せてくださる私服コーディネートは、アンナさんの個性に寄り添った上品なカジュアル。「赤を着ると元気が出ます」ということで、赤のリネンスカートが溌剌としたコーディネートが特に多くの方の目に留まったようです。

同じ 結城アンナさんの素敵な私服と着こなしを大公開シリーズの、 『 ~崩して”らしさ”を出す~』 という記事もTOP20にランクインしました。

【小林麻美さん連載】私らしさをつくってくれる、おしゃれについて考えます。

記事はこちら

小林麻美 チープシック

2020年最も読まれた記事~暮らし編~でも登場した小林麻美さんの記事ですが、ファッション編でもやはり人気が高かったです! 私服の着こなし方や愛用の私物を拝見してみたら、柔軟な発想でシックに着こなすおしゃれの考え方=「チープシック」がベースになっているのかも!?そんなおしゃれに関するエッセイ と写真(すべて自撮り!)です。

50代ファッションのカリスマ!岡本敬子さんの「アガる」おしゃれ

記事はこちら

岡本敬子さん
「守護色」というピンクは、ワンシーズンに1枚は購入する大好きな色。全体を鮮やかなピンクでそろえ、ネックレスも色に負けないよう華やかなものに。「強い色同士の組み合わせですが、着ると元気がみなぎり、色の力を感じます」

いつも完璧なコーディネートを見せてくださる岡本敬子さんはやはり人気!「おしゃれは元気の源!」と断言し、ステイホーム中もおしゃれを楽しみ続け、ファッションに元気をもらっていたようです。

島田順子さんインタビュー。「見た目アップ」するための心得とは?

記事はこちら

島田順子さん 見た目アップ

締めくくりはやっぱりこの方、おしゃれレジェンド島田順子さん!おしゃれについてのインタビュー。 「誰も私に関心がないからと、身なりを構わないのはもったいない。おしゃれは自分のためにするものだから、自由に楽しんで。そのためには自らを知ること」と島田順子さんは語ります。

素敵な女性たちが登場する記事をご紹介しました。共通して言えるのは、みなさん「人にどう見られるか?」ではなく、自分が心地よくハッピーでいるためにおしゃれを楽しんでいらっしゃるということ。2021年もおしゃれを糧に自由に楽しくいきたいですね!

キーワード