50代ファッションのカリスマ!岡本敬子さんの「アガる」おしゃれ

岡本敬子さん

「おしゃれは元気の源!」という岡本敬子さん。SNS上で日々、鮮やかなスタイルを紹介し、自由に、存分におしゃれする楽しさを発信しています。秋のスタイルを見せていただきました。

さまざまなブランド、アイテム、年代、スタイルを縦横無尽につなぎ、自分流のおしゃれを日々、楽しんでいる岡本敬子さん。元気だからおしゃれを楽しめる、おしゃれをすることでスイッチが入るのだと話します。
「人は必ず何かしらは身にまとう。だったら、自分が好きなもの、着ていて楽しいものを装いたいですよね」

コーディネートを考える際のポイントは、ズバリ天気。「天気予報をチェックして、着る服を考えます。湿度が高そうだったら、インナーはノースリーブにして、薄い羽織物で調整しようとか、雨の予報だったら白は避けてダークな色調のボトムにしようとか。特に夏の終わりから秋は気候も変わりやすく、湿気も残っているので天気チェックは大事ですよ」

色を効かせておしゃれを楽しむ

【1】柔和な雰囲気をつくりあげる紫のグラデーション

岡本敬子さん
「ル・ピボット」のカーディガンに、「ハリス・グレース」のパンツを合わせた紫コーデ。「紫色は好き嫌いが分かれる色ですが、高 貴な色ですし私は大好き。全体の色の系統を合わせると、まとまりよいです」

【2】赤を差し色にしたネイビーシック。ターバンもアクセント

岡本敬子さん
シルクのチャイナブラウスは「フルーツオブライフ」。ヴィンテージパーツを使用したイヤリングとストラップシューズの赤を効かせて。「私たちくらいの年代だからこそできる、品の良い肌見せのバランスを考えながらスタイリングしています」

【3】全身、鮮やかなピンクの組み合わせは、着る人も見る人も元気に。

岡本敬子さん
「守護色」というピンクは、ワンシーズンに1枚は購入する大好きな色。全体を鮮やかなピンクでそろえ、ネックレスも色に負けないよう華やかなものに。「強い色同士の組み合わせですが、着ると元気がみなぎり、色の力を感じます」

最近ワードローブに加わり大活躍のキャップ。アメリカの都市名を刺繍した「ヤング&オルセン」を愛用。「サイズ調整のきくものが多く着脱が楽。スタイリングのポイントや外しにも」

薄手で軽さのあるニットはほどよく上品で、そのままでもインナーとしても重宝。「定番色も押さえたいですが、きれいな色にも手が伸びます。気に入ったものは色違いでそろえます」

コレクターの域」に入っているというほどお気に入りのカリフォルニア発「BAGGU(バグゥ)」のエコバッグ。「柄がとにかくかわいくて、コーディネートのアクセントになります」

/

キーワード