【パリで見つけた素敵な髪型】エイジングを味方につける大人のヘアスタイル:セミロング編

パリで見つけた素敵な髪型

年齢とともに髪はパサつき、ツヤもなくなる。だけどそれを諦めず、お手入れを工夫し、新しい髪型にトライするフランス人。布やシニョンで変化をつけたりと、前向きに髪型を楽しむ姿が素敵。おしゃれな髪型の秘訣とケア法を聞きました。今回は、自然なクセを生かし、エアリーでエフォートレスな雰囲気を保つ、セミロングのマダム等を紹介。決め手はサロンでのカットと丁寧なヘアケアでした。

Gaëlle Riout
ガエル・リウさん

51歳 インテリアデザイナー

/

髪が細くて紫外線に弱いというガエルさんは、長めのセミロングをひとつに結んだり、シニョンにしたりと、アレンジを楽しんでいます。年に3、4回、MASSATO SALONでヘアカットし、日頃は髪の乾燥防止に、ホ
ホバオイルを全体に塗り、蒸しタオルで浸透させるケアを。髪はその人を印象づける、大切な要素だと感じるそう。

Sibylle Sassi
シビル・サッシィさん

50歳 医療関係者

パリで見つけた素敵な髪型

ヘアカットは12区のドミニク・レオンでというシビルさん。プラチナブロンドのメッシュで表情があるヘアは、あご下ラインが定番。最近は自分に似合うスタイルがはっきりわかるので、髪型はあまり変えず、ヘアカラーなどで遊ぶそう。愛用のシャンプーは、髪のコンディションがよくなったという英ブランドのジョン・フリーダ。

Sylvie Bonnet
シルヴィ・ボネさん

51歳 不動産業

パリで見つけた素敵な髪型

年齢とともに強くなった髪のクセを生かした、自然なウェーブヘア。髪の地色は明るい栗色で、ワントーン明るめのグラデーションカラーを入れています。頭皮と髪の乾燥に気をつけ、週に一度はイソップのヘアマスクとスカルプモイスチャーで保湿を。まとめ髪やダウンスタイルなど、アレンジ自在の長さをしばらくキープするそう。

キーワード