【フランス女性の人生で大切なこと】ヨガと食生活で心が安定、 夫とふたりの時間が幸せに。

ヨガでボディメイク

食生活を変えつつ、40代半ばから始めたヨガによって、自分の中の幸せの基準が変わったというエレン・ストロームさん。心に変化が生じたきっかけと、健康的に毎日を送る秘訣を教えていただきました。

体に合う食材を取り入れる。

40歳を過ぎた頃、原因不明の瘤ができたことがきっかけでアレルギー検査をしたというエレン・ストロームさん。

その結果、小麦粉、卵白、米がアレルギーの原因になっているとわかり、それらを除去したところ、その瘤が自然と消えたそう。

「夫がベトナム人で、毎日白米を食べる生活。私も子供たちと一緒に卵料理やパスタ、パンを食べ過ぎていたのかなと反省し、改めて食生活を見直すようになりました。

季節の新鮮な野菜で手早くランチの準備。
季節の新鮮な野菜で手早くランチの準備。野菜は近所の青果店やオーガニックスーパーなどで調達することが多いという。
キッチンの窓辺で育てているハーブやミニトマト
キッチンの窓辺で育てているハーブやミニトマト。毎日の水やりや手入れをする手間も、エレン・ストロームさんにとって癒しの時間なのだとか。
『Végétarien sans carences』
毎日の料理の参考にする本。左上の『Végétarien sans carences』は、ベジタリアンでも体に必要な栄養素を補えるレシピを紹介。
/

もちろんベジタリアンではないので、お肉もお魚もなんでもいただきますが、良質な食材をなるべくシンプルな調理法で作るようにしています。

故郷のスウェーデンでは砂糖を隠し味に使う料理が多いのですが、 白砂糖を極力使わず、どちらかといえばスパイスを意識して使い、食欲増進や発汗を心がけています」

10年ヨガを続ける理由

ヨガでボディメイク
「ヨガは身体を開き、 ボディメイクできます」と、週に2~3回、徒歩10分ほどのヨガスタジオに通っている。
ヨガウエアは専用のものでなく、天然素材で肌触りがよいものをと、ギャップやザジックなど、ふつうのTシャツやパンツを選ぶ。
/

「18〜45歳までバレエメソッドの運動を続け、ランニングをしても息が切れない体をキープできています。でもスキーで怪我をして続けられなくなり、ヨガに切り替えました。

呼吸法がメインのハタヨガとエクササイズ的効果のあるパワーヨガをするようにしたら、 頭を空っぽにして目の前にあるものに集中できるようになり、あらゆるものに感謝する心が生まれたんです」

何気ない日常に幸せを感じるように

家族アルバムを眺めるのも幸せな時間。
家族アルバムを眺めるのも幸せな時間。
家族のフォトアルバムは大切な宝物
家族のフォトアルバムは大切な宝物で、デジタル化の時代でも、紙のアルバムが好きと。
/

長女は独立し、長男は寮生活と今は 夫婦ふたり暮らし。夫とふたりでいる時間が長くなりましたが、むしろその時間に幸せを感じるそう。

「彼との会話が増え、子供が一緒のときには行儀が悪いとしなかったテレビを見ながらのディナーも、まあいいかと。そんな何げなく、ゆるい時間に、とても幸せを感じているんです」

写真/篠あゆみ コーディネート/鈴木ひろこ 文/今井恵 再編集/久保田千晴

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード