【フランス女性の人生で大切なこと】おしゃれ心を失わず、 日々背筋を伸ばして暮らす。

ジョアンナ・ヴァン・ヴィリット

若い頃は、幸せの定義を決めつけがち。だけど50代、60代になり、自分にとっての幸せや大切なことが見えてきたというフランス女性たち。今回は、76歳のジョアンナ・ヴァン・ヴィリットさんにお話を伺いました。

身なりを整えるだけで背筋が伸びる

若い頃から『コム デ ギャルソン』が大好き。つねにファッション、おしゃれが身近にあったというジョアンナ・ヴァン・ヴィリットさん。

胸元にフリルがついた『コム デ ギャ ルソン』の下に、モノプリで買ったニット素材のシャツ
胸元にフリルがついた『コム デ ギャルソン』の下に、モノプリ(フランスのスーパーマーケット)で買ったニット素材のシャツ。 『ティファニー』のボーンブレスレットがアクセントに。

年齢とともに、おしゃれは二の次になりがちですが、
「1年前、夫とともに新型コロナに感染し、2週間自宅で隔離生活を送ったんです。体調は悪くはならずに元気だったんですが、どこにも出られず、リラックスウエアのまま家から一歩も出ずにじっと過ごしていたら、気持ちがなんだかネガティブに。おしゃれ心がなくなる寂しさを感じました」

そこで、まだ家からは出られないけれど気分をあげたいと思い立ち、服を 着替え、アクセサリーをつけ、赤い口紅を塗ってみました。

パールのトリー・バーチのピアス
コットンパールとチェーンのコンビネックレスは『コム デ ギャルソン』。大きなパールのピアスは、『トリー・バーチ』で見つけたもの。
大ぶりなパコラバンヌのアクセサリー
大ぶりなアクセサリーが好み。『パコ・ラバンヌ』のネックレスに夫から贈られた『シトロン』のリング(右) とマレで買ったシルバーのリング。
/

「最低限の身なりを整えるだけで気持ちがすっと前向きになって、自然と背筋が伸びたんです。誰にも会わなくとも、たとえ1日中家にいる日でも、凛 と背筋を伸ばして過ごすためには、だらしない服装はしない。日々、おしゃれをすることが大切だと感じました」

気分を上げる真っ赤な口紅

「起きたらすぐに冷たいシャワー。これは長年続けている習慣です。その後、朝食をベッドに運び、夫といただきます。それから着替えて、歩いて10分ほどのヨガスタジオへ。ノーメイクでも、赤い口紅だけは塗っていきます」

シャネル ルージュ アリュールの127番
真っ赤な口紅は、18歳の頃から欠かさないジョアンナさんのシグネチャー。お気に入りは、『シャネル』のルージュ アリュールの127番。
ジュンヤワタナベのスカートにピエール・アルディのサンダル
70歳を過ぎてオレンジやピンクが気になり始めた。 そのきっかけとな った『ジュンヤワタナベ』のスカート。 サンダルは『ピエール・アルディ
大人フェミニン ジルサンダーの白いシューズ
ノワール ケイ ニノミヤ』のコンビネゾン。ピンクは初挑戦と話す、ジョ アンナさん。『ジルサンダー』の白いシューズと合わせたら、大人フェミニン。
/

近所に買い物に行くときでも、自分が好きな服を着ていると、自然に笑顔 になるとジョアンナさん。

「年齢を重ねておしゃれを諦める人もいます。でも体型や見た目を変えられ ずとも、印象を変えることはできます。 何よりメンタルが変わると気づき、ますますおしゃれ心に火がつきました。 もっといろんな服を楽しみます」

写真/篠あゆみ コーディネート/鈴木ひろこ 文/今井恵 再編集/久保田千晴

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード