整理収納アドバイザーの洗面所。「思い入れのあるものが少ないから整理しやすいです」

青木さんのアイキャッチ

<クウネル・サロン>プレミアムメンバー青木美詠子さんに収納のコツを教わる連載。今回は、洗面所の整理収納について。毎日何度も使う場所だから、きれいに、さっぱり整えたいですね。


動線を考えた配置

今回は洗面所の整理収納の話です。以前、洗面台下の収納はご紹介しましたが、その他の部分を。浴室前にある細長いスペースに洗面台、洗濯機、ガス乾燥機〈幹太くん 〉の順に並ぶようにしました。予洗いも含め全部隣へ、隣へと入れればいいのでラクです。

タオルやクロス類は、オープン棚収納にしました。なんとなくオープンなほうが、洗いたての雰囲気が続く気がして。

青木美詠子美恵子さんの洗濯室
上の棚には半身浴用のブックスタンドや、衣類の煮洗い用の琺瑯の鍋を。ギリギリ手が届く高さですが、たまにしか使わないのと、物をひとつしか置いていないので取りにくくはないです。
青木美詠子さんの洗濯周りの収納
奥の左側は、洗濯用の酸素系漂白剤。ストックの大袋が、『無印良品』の〈PP追加用ストッカー・深型〉に入っています。右は、バスブーツ(古め)。裏が濡れててもさっと置けるよう、こんな収納。奥は自家製味噌の樽です。置き場所がここしかなくて。
網状の洗濯カゴ
洗濯物カゴは、独身時代からの。網状で通気性アリです。緑のプラスチックの入れ物は複数持っています。外干しする濡れた衣類を2階に運んだり、乾燥機からの衣類を出したり、風呂用の自分の着替えを運んだり。これも独身時代に100円ショップで買ったのですが、形が使いやすく、重ねられるので、壊れなければ一生使いたいくらいです。
/

外干しする靴下やクロスなどは、ここでセットして2階のベランダへ。ワイヤーに引っ掛けられるので安定しています。

バスマットやバスタオルの干し方
毎回洗うわけではないバスマットや、バスタオルもここに干して。奥のフックに浴室を拭く薄い布も干しています(時々、ふきんと共に煮洗い)。
『森田アルミ工業』のpidという装置
そのワイヤーは、『森田アルミ工業』の〈pid〉という装置で。ホテルに付いているのと同じしくみです。ワイヤーはすぐ収納でき、強度もばっちり。工務店さんに設置してもらいました。
/

次に、洗面台の右側の棚です。浅いオープン棚はパッと取れ、奥の物に手が届かないということがないので、出し入れが多い物にはぴったりの収納。

半透明のアクリル板を用いた棚
棚は、半透明のアクリル板にしてもらいました。夫の物はほとんどなく、私もたまの外出での化粧は、ほぼファンデーションくらい。そして日頃は化粧水など何もつけなくなったので、物も少ないほうかと。ハンドクリーム、日焼け止め、虫除けスプレーなどもここに。
カーテンで棚を隠す術
でも来客時は、どうしても棚の物に目がいくと思うので、布でカバー。小窓のカーテンと同じく、突っ張り棒に布を掛けてあるだけ。
/

うちはふたり暮らしで、使うアイテムが少なく、詰め替えもパントリーや小屋裏に多少置いてあるので、ここの物は少なめ。いつも使う物だけだと、使い勝手が格段に上がります。

でも家族が多い方は、各自の使う物が違うと、もっと多くなりますよね。また新アイテムを買ってきてはポイと置いているようだったら、ごちゃつくのは当たり前です。

できたら共有できる物や減らせる物がないか、一度考えてみては。家族が揃う日に、一緒に洗面所のアイテムを整理するのもいいと思います。もう使ってない物もあると思うので、「全出し」から一掃を!顔や体につける物は使用期限もあるので、食べ物と一緒で処分しやすいです。

それでも物が多すぎるなら、各々が小さなボックスなどに入れて自分の部屋に置き、使う時だけ洗面所に、という案もあるかも。それが面倒なら数を減らしてもらったり、使えるスペースを線引きしたりも。リバウンドしても、試行錯誤すれば前進します。

洗面所という場所は面積も狭く、思い入れのある物も少ないので、わりとすぐ整理できて、達成感が味わいやすい場所。1カ所でも常にスッキリ、もしくはすぐリセットできる場所を持つのは、精神安定にもすごくいいと思います。

キーワード