食事時間帯の見直しなどで体重5キロ減。文筆家・青木美詠子さんが実践する発酵食たっぷりの健康食生活。

青木美詠子さん ダイエット

遅い時間帯での食生活を見直し、規則正しい1日2食のスタイルにしたら、すっきり理想の体重に落ち着いたという青木美詠子さんにお話を伺いました。

予備校講師をしている夫に合わせ、夕飯を夜の12時ごろに食べることもあったという青木美詠子さん。そんな食生活のせいか昨年の春、軽い逆流性食道炎になってしまいました。
「時々胃のあたりがもやもやして、病院に行き30年以上ぶりに胃カメラを飲みました。もうほとんどよくなりましたが、これはよくないと思ったのが結果としてダイエットになったのです」
長年、冷え取り健康法を続けている青木さん。冷え取りの観点から、もと
もと朝ごはんは摂らないそう。朝昼兼用の昼食に、玄米と野菜、魚、卵などバランスのよい「玄米定食」を食べるようにしているとか。

「夜はもう少しバラエティに富んでいますが、夫が遅い日に8時くらいには先に食べるようにしたのが最大の変化ですね」
食事を摂る時間を変えたことに加え、パンなどの小麦製品、牛乳、アルコール、バターなどの油もの、甘いものなども以前に比べてセーブしているといいます。

青木美詠子さん ダイエット

「そこまで厳しくはないのですが。甘いものを食べたくなったら、いままでは夕飯のあとに食べていたのを日中にしたり、自分で作った甘酒を食べたりするようになりました」
その結果、体重は4~5㎏減。現在は、規則正しい1日2食のスタイルが
定着し、軽めに食べるようにも心がけているおかげか、胃もたれもほぼ解消されたといいます。
「おいしく食べられて体も軽くなりました。洋服もすっきり着られるようになったのがうれしいおまけです」

自家製甘酒をおやつがわりに。小さな甘酒メーカーを購入。「市販のものより低価格で作れるうえ、おいしいんです。粒粒とした食感が残るので満足感もあります」

発酵のものを多く取り入れた食事。玄米定食に欠かせないのが、漬物などの「ごはんのおとも」。ぬか漬け、白菜の浅 漬けのほか、だし取りで使った、かつおぶしのふりかけ、昆布の甘辛煮など。

昼はおかず多めの玄米定食が定番。魚に卵焼き、煮物などに、玄米とお味噌汁を合わせて 定食風に。「味噌汁は昆布、しいたけ、かつおぶしでだしをとっています」

冷え取りアイテムでからだを温める。冷え取り歴は25年以上。シルクやウールなどの靴下の重ね履き、レギンス、レッグウォーマーなど。靴下は「うさぎの会」などを愛用。

/

キーワード