【マチュア世代から始める趣味】デザイナー・野口アヤさん「60歳までにギターが弾けるようになりたくて」

クラシックギター同好会

大人になってから、好きなことや共通の趣味で誰かとつながる時間は格別。特に仕事や家庭に追われるマチュア世代にとってはとっておきの時間です。今回はクラシックギターに夢中の野口アヤさんのご自宅で、「クラシックギター同好会」の様子を拝見します。

愛用のギターケースを片手に、アーティストでギター奏者の二宮 楽さんとスタイリストの二井里佳子さんが野口アヤさん宅に集合。

ギターの練習をするデザイナーの野口アヤ
左から、二井里佳子さん、野口アヤさん、二宮楽さん。ケースを開けてギターを手にした瞬間から「この指はどうしたらいいの?」「このギターカッコいいね」と、ギタートークが止まりません。

「学生の頃はバンドでベースをやっていたんです。 10年程前にギターを購入して、たまに一人でポロポロ弾いていたのですが、ちゃんと弾けなくて。楽くんが遊びに来るたびに弾いてもらって、やっぱりギターの音色って素敵だな、ちゃんと弾けるようになりたいな。と火を点けてもらいました」と語る野口アヤさん。

自粛生活で時間ができたこともあり一念発起、昨年5月からクラシックギターの教室に通い始めたそう。 野口アヤさんと20年来の友人だという二井里佳子さんは、最近までギターが共通の趣味だと知らなかったのだとか。

ギターの練習をする野口アヤさん、二宮楽さん、二井里佳子さん
ギターに触れるとよく眠れるので、私はギターセラピーと称しています。やっぱり生の楽器の音色に触れるのってすごく心地いい」(野口アヤさん)

「60歳までにクラシックの難曲『アルハンブラの思い出』を弾けるようになるのが目標なので、二週間に一度教室に通いつつ、できるだけ毎日、15分〜30分くらいずつ練習を続けています。」(野口アヤさん)

葉山の自宅で保護猫が寝そべる
野口アヤさん宅に迎えられたばかりの保護猫たちも、ソファで寝そべりながら、ギターの音色に耳を傾けているよう。

とはいえギター初心者の前に立ちはだかるのが、弦を押さえる指使いの難しさ。

「力の抜き加減や手首の角度などちょっとしたコツを覚えれば大丈夫。アヤさんは右手の形がすごくキレイなので、続ければキレイな音が出せるようになると思いますよ」との二宮 楽さんのアドバイスを受け、この日は遅くまでギターの練習に励んだそう。

ギター教室 
「人間工学的におかしいんじゃないかな?っていう指の動きも出てくる」

世代や性別を超えて、ギターという共通の趣味に夢中になる3人の関係がとても素敵に見えました。

写真/村松巨規 取材・文/吾妻枝里子 再編集/久保田千晴

●その他、大人の趣味いろいろ。
◎【マチュア世代の好きなこと】モデル・青木沙織里さん「頑張りすぎない『おばキャン』に夢中です!」
◎【映画と本で、人生観を整える】写真家中川正子さんおすすめ!固まった心が動き出す、おすすめ書評本3選。
◎【60歳、女ひとりのお金と暮らし】マイペースに仕事しながら畑仕事を楽しむ。悠々自適な暮らしの土台にあるもの

キーワード