ごろごろ具材が食べ応えありの「タスヤード」のカレー

タスヤード 1

千駄ヶ谷のカフェの看板メニューは、リピーター続出の飾らない美味しさ。

デザインディレクションを主に手がける、『Landscape Products(ランドスケーププロダクツ』が運営。機能的な空間は、周辺のオフィスワーカーの打ち合わせ場所であり、食事処であり、自社のショーケース。

大きめの具材がキャッチーな看板メニューは、“おうちカレー”がイメージで、甘辛さが後を引く美味しさ。そんなホッとするテイストが、大勢の胃袋を捉えて離さないのでしょう。いつ訪れても心地よく、温かな気持ちになれる北参道のランドスケープです。

コーヒーゼリー

/

『ku:nel』2019年7月号掲載
写真 太田隆生/取材・文 砂塚美穂

キーワード