【マチュア世代の素敵なキッチン】「見せる収納術」で雑多な中にも統一感を。生活道具店『B・B・B POTTERS』店主・石井風子さん 

石井風子 キッチン 対面式

気がつけば、家にいるときはほとんどキッチンで過ごしているという石井風子さん。お気に入りの雑貨や道具に囲まれながらも、どこか統一感の漂う秘密は、収納への工夫にありました。

25年前、家を建てた際に整えた石井風子さん宅のキッチンは、白壁に琥珀色の細い木材がアクセントになった対面式です。

カウンターキッチン システムキッチン ブルトハウプ 
リビング・ダイニング・キッチンをひと部屋に集約した間取り。 キッチンで台所仕事をしながらでも家族との時間や会話を共有したいという石井さんの希望で、対面式にしたそう。

中に入ると、幅1m弱の通路の両側に、当時日本に上陸したばかりのドイツ・ブルトハウプ社の使い勝手がよくたっぷり収納できるシステムキッチンが備え付けられています。

さらに左側には厨房仕様のガスレンジ、エレクター、冷蔵庫と続き、右側には造りつけの大きな食器棚が2つ。そして、一番奥の扉を開くと、まるで小さなレストランの食料庫のようなパントリーがあります。

エレクター 調理道具 鍋 収納
パントリーの棚。上段から大きな道具や器、 お茶やコーヒーと飲みもの類、ビンや缶類、 乾物、保存容器の順に収められている。
レンジガード ぶら下げ収納
エレクターには主にステンレスやアルミなどの調理道具や鍋をしまって色を統一。レンジガードにはよく使う鍋やフライパンをぶら下げて。
/

そんなキッチンは、道具や器のラボ(実験室)としての役割も果たしています。自分の店で売っている道具類も実際に使うことで、お客様に自信を持っておすすめできるので、できるだけ使うようにしているそう。

とりわけ、ひとつの目的のためだけに作られた道具に惹かれるそうで、レモン絞り器だけでも素材や形違いで8個もお持ちだとか。

そうなるとものは増えていくばかりでは……?と尋ねると、「道具屋なんだから、ものがたくさんあるキッチンの方が、つじつまが合っていると思うんです」とニッコリ。

ディスプレイ棚 見せる収納 合羽橋 道具街
他の空間をすっきりさせるために造ったディスプレイ専用の棚。海外で買ってきたお気に入りのものや作家の作品などを並べている。
パントリー カゴ フードカバー マニュファクトゥム フィッシュ・エディ
パントリーの壁には、店で扱っていたりお土産でもらったカゴやフードカバーが、ラフに飾られている。産地はいろいろ。
/

「自分がときめく場所、例えば、合羽橋の道具屋街や、ベルリンのManufactum( マニュファクトゥム)やニューヨークのFishs Eddy(フィッシュ・エディ)など、ものがたくさん並んだ雑多な感じが大好きなんですね。

そのときめきを、小さくてもいいから、ここで味わえたら、ルーティンの家事も楽しみながらできるかなって」

写真/安彦幸枝 取材・文/山本ゆりこ 編集/鈴木麻子 再編集/久保田千晴

●そのほか、キッチンに関する記事。

キッチン&家電付きで暮らすように滞在。『オークウッドホテル&アパートメンツ麻布』で快適ステイケーション。
【スープ作家・有賀薫さんのご自宅拝見】家事も仕事もここで完結。これからの暮らしにフィットする次世代キッチン「ミングル」とは?
【大人のキッチンリノベーション モデル・雅姫さん】一年かけて少しずつ作り上げた理想のキッチンを大公開!「好きだけを集めました」

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード