手首にこすりつけるのはNG。注目のニッチフレグランス『çanoma(サノマ)』デザイナーに聞いた、香水の扱い方。

松永加奈 サノマ 渡辺裕太

昨年までパリから、リアルなフランスレポートを送ってくれていたクウネル・サロンメンバー・松永加奈さん。前回:大人の女性がときめく香り。日本発ニッチフレグランスブランド『çanoma(サノマ)』デザイナーインタビュー。では友人でもあるという香水クリエイター渡辺裕太さんの香水ブランド『サノマ』を紹介してくれました。後編は香水の扱いや身につけ方についてのレポートです。

 

日本とフランスでの「香水」の扱いの違い

松永加奈 サノマ 渡辺裕太
ゲストに応対する渡辺さん。ニッチフレグランス「çanoma(サノマ)」の香りを求める人は予想以上に多く、自身が思う「いい香り」が受け入れられて「ちょっと安心しました」

日本文化の中で培われた感性から、新たな香りを作り出している香水クリエイター・渡辺裕太さん。自身のブランドを展開する中で、日仏の「香水の扱い方」に大きな違いを感じると言います。

「フランスはもともと香水文化なので、ビジネスもプライベートも関係なく、香水を付けるのは普通のことですが、日本では香水を買うときに『これは職場では使えない』という方が結構いらっしゃいます。衛生的な仕事以外でも、オフィスで使うのは難しいと」

「ほかに、シャンプーやハンドクリームの香りと混ざらないか、ということを気にされる方が多くてびっくり。そこには日本人の真面目な気質を感じますが、香水は楽しむもの。いろいろ気にせず自由に使っていいものだということをお伝えするようにしています」

とはいえ、慣れないとなかなか難しい香水の付け方。周りに印象良く、残り香もいい感じに、自分が好きな香りを上手に纏えたら…とイメージしたところで、おすすめの付け方を訊ねると「まずはおすすめしない3つからいきましょう」と渡辺さん。

うーん、言われてみれば私にも心当たりが…。もはや手首をこすり合わせる動きは無意識でしたが、NGの理由を聞いて納得。今後は触りたい気持ちをぐっと堪えることにします。


では、おすすめの付け方は?

セレクトショップや専門店をはじめ、本当にたくさんの香水がある中で、好みの香りを探し出すコツのようなものはあるのでしょうか。

「1回に試せる量に限りがあるので、選ぶのはとても難しいですが…。まずは時間のある限り、いろんな香りを付けてみることですね。直感的に『いい!』と感じたら使ってみることもおすすめします。あと、私は一時期、いろいろ付けてみてその場では買わず、2~3日後にその香りを思い浮かべることができるか試していました。どんな香りか思い出せたら、自分が求めているものだろうと」

松永加奈 サノマ 渡辺裕太
30mlのボトルは毎日使って3か月ほどで終わる計算の内容量。「気分によって他と使い分けるならこのくらいがベストです」
松永加奈 サノマ 渡辺裕太
私が購入したのは「3-17 早蕨」。セージやラベンダーを中心に、ウッディさとみずみずしさが重なった香りは、同ブランドの1番人気だそう。
/

香水好きからブランドを立ち上げ、クリエイターという立場になり「良い香りを社会に提供するブランドでありたい」と話す渡辺さん。全国各地の「çanoma(サノマ)」のポップアップでは予想以上の反響があり、日本でのフレグランスの可能性を十分に感じているそう。

「私にとって香水を付けることは、気分を上げるジュエリーや、自分を守ったり力を与えてくれるお守りを持つ感覚に近い。気持ちを支えてくれる存在ですね」

「日本では、仕事のときは使えないというような制約が多いですが、香りを使わないのが当たり前の世の中だと寂しいなと。香水を使いたいという方はたくさんいらっしゃるので、日常で自由に使える幅が広がっていくといいなと思います」

サノマ 渡辺裕太
先日新宿伊勢丹で行われたポップアップ。シンプルでありながら、佇まいに存在感のあるジェンダーレスなデザインのボトルが並ぶ様子に足をとめる人も。
パリ ブローニュの森 
パリ滞在中はジョギングがライフワーク。暮らしているエリアに近いブローニュの森は、季節の移ろいを存分に味わえるお気に入りのコース。
パリ ブローニュの森 
「ブランド立ち上げ前の1年間はクリエイションについてずっと考えていました。金銭的には本当にしんどかったんですが、楽しいから辛くなくて(笑)、すごくいい時間でした」
パリ ブローニュの森 太
今後も東京とパリを拠点に、香水の種類を増やし、シャンプーやキャンドルなど〝香りがするプロダクト〟を製作予定。
/

※パリの写真:渡辺裕太氏提供

●「香り」にまつわる記事、そのほかいろいろ
プレミアムなハンドケア。贅沢なローズの香りの<ロゼット 素肌美システム ハンドリッチベール>で毎日頑張る手をいたわりましょう
【消臭、虫よけもアロマでできる!】精油を日常使いで楽しむ西園寺リリカさんのラベンダー活用術
【朝晩たった10秒アロマの香りを嗅ぐだけ!】噂の「嗅覚トレーニング」を体験しました!
おうち時間が豊かになる!『マークスアンドウェブ』のアロマディフューザー。【#わたしジャーナル】

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード