高校中退の決断。「勉強は一生するもの。高校生活はたった3年、合わないなら辞めちゃえば?」

伊藤千桃

自分らしい価値観で、ストレスのない暮らしを楽しんでいる<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの伊藤千桃さん。子育てもおおらか、のびのび、独自のスタイルを貫いていました。

数奇な運命を辿った幼少時代離婚のことお金のこと、普通は話しにくいことも、「隠すことは何もないわ」と、あっけらかんと話してくださる伊藤千桃さん。どんな大変なことも、悲観せず、受け入れ、乗り越え、それを糧にしてきました。

そんな肝の座った生き方が魅力の千桃さんですから、子育てもダイナミック。取材にくるママライターさんたちは、みな、千桃さんに子育ての相談をして帰るほどです。世の中の基準に照らし合わせて「こうじゃなきゃ」と、子どもに何かを押し付けることは決してせず、子どもがハッピーであるためにはどうすべきか?を常に模索して、子育てをしました。

印象的だったのは長男の高校中退のこと。「成績は割とよかったのに、先生の評価がよくなかったんです。校則が厳しくて、私にしてみたら理不尽なことも多くてね……」

ある寒い冬、制服の中にセーターを着て登校させました。すると、息子は坊主になって帰ってきたではないですか!「校則に違反しているとかで、坊主にさせられてしまったのですが、息子はそれはそれはショックを受けていて……」

ひどくふさぎ込む息子に、千桃さんはいいました。
「あなたさ、学校から選ばれるのではなく、自分が学校を選ぶのが人生だよ。勉強なんて一生していくものなのだから、たかが高校の3年間なんだし、そんなに悩むくらいなら、辞めてしまったら?」

伊藤千桃 葉山 桃花源

学校の暴挙に腹を立てていた千桃さんは「やめちゃえやめちゃえ!」と息子を鼓舞し、退学を告げるため学校に向かいました。

「そうしたら、校長先生が『やめないでください』って引き留めてきてね……。そんな校長先生に私はこういいました『私がせっかく素直に大切に育ててきたのに、こんな落ち込ませるなんて納得がいきません。学校が悪いとは言いません。多分、私たちが学校に合わないと思うんですって」

「辞めてどうするんですか?!」という校長先生に、千桃さんはいいました。「ご心配なく、勉強は私が見ますから」

伊藤千桃 桃花源

学校を辞めた息子さんと、千桃さんは映画三昧の日々。本もたっぷり読み、高校生活では得られない栄養をたっぷりと受け取りました。それから息子さんは、自分で調べて大検を受け、大学へと進み、いまは会社経営の道を歩んでいます。

「随分後になってから息子に言われました。『あのときすっごく楽しかったし、後悔はしてないよ。本を読めって言われたことと、お袋にいっぱい連れて行った映画で今の俺はあると思う』って。娘が『学校に行きたくない』という時期もあったんですが、『 毎日、退学届けを持って行っていいわよ、学校に縛られちゃだめよ! 』っていっていたんです。結局辞めなかったけれどね」

「いつでもやめていいと思って通うのと、出口がないまま縛られ続けるのとでは気持ちが全然ちがうわよね。


●お知らせ●

伊藤千桃さん母娘をモデルに山本浩未さんのメイクショーを開催します。


東京発のファション、アート、フード、カルチャーを発信するイベント「東京クリエイティブサロン」にクウネルも参加!人気ヘアメイクアップアーティスト・山本浩未さんのメイクアップショーを開催します。「誰でも簡単にきれいになれる」と提唱する『赤白黒の法則』を使って、母娘それぞれの世代の美を引き出すメイク実演を、目の前でご覧いただける貴重な機会です。 当日は、<クウネル・サロン>IDメンバーの方限定で、20名様をご招待します。

モデルにはクウネル・サロン プレミアムメンバーの伊藤千桃さんと、長女・冴香さんをお迎えし、それぞれの世代ならではの悩みを相談しながら、山本さんのメイクマジックで美しく変身していただきます。13:30、14:30の2回開催で、どちらも約40分ほどの予定です。(インスタライブも行います!)

●詳しくは、3月19日開催。「東京クリエイティブサロン2022 銀座 」山本弘美さんメイクアップショーに20名様の記事をご覧ください。

取材・文/鈴木麻子

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード