Promotion

ワタナベマキさんに教わる冬の養生レシピ。「10年以上飲む健康ジュースにコラーゲンもプラスします」

ワタナベマキ ニッピコラーゲン インスタライブ 

1月25日に行われたニッピコラーゲン化粧品×ku:nelのインスタライブ、ご覧いただけましたか?「もっと詳しく知りたい!」というリクエストにおこたえして、レポートをご紹介します。人気料理家・ワタナベマキさんのコラーゲン入りのジュースのレシピなども。

コラーゲン研究のパイオニアであるニッピコラーゲン化粧品とku:nelのコラボ企画で行われたインスタライブ。ゲストは料理家のワタナベマキさん。「冬の養生レシピ」を教えてもらいました。

※当日のインスタライブは「ニッピコラーゲン化粧品」のインスタグラムアカウントから。

■冬の養生その1■
目覚めのジュースで身体をリセット!

男性に比べて女性は冷えやすいですが、クウネル世代はとくに代謝が落ちやすいため温めることが大切。規則正しい生活や軽い運動のほか、食生活も大事です。いつもはつらつとしていてパワフルなワタナベマキさん。

その秘密のひとつが、毎朝飲んでいるというコールドプレスジュース。「私の祖父は104歳まで長生きしたのですが、その祖父が毎日飲んでいたのが、このジュースなんです。これは健康になるに違いない!と私も10年以上飲んでいます」

この健康ジュース、最近はさらにパワーアップ。ニッピコラーゲン化粧品の粉末コラーゲンを専用スプーン一杯混ぜ、不足しがちなコラーゲンを毎日摂取することにしているそう。

さっそくジュース作りを開始。材料は、りんご、にんじん、レモンの3つ。ジューサーにかけるだけですが、重要なのが入れる順番だそう。
「レモンを先に、その後ににんじんとりんごを入れます。この順番が大事でレモンの酸がにんじんとりんごのビタミンCが壊れるのを止める作用があるそうなのです」

ここで、コラーゲン博士の服部俊治先生のアドバイスが。
「その通り。さらに、コラーゲンは身体を作る大事なものですが、ビタミンCがないとコラーゲンは作れないのです。そのため、レモンのビタミンCが入るのはとても効果的ですね」

ワタナベマキ ニッピコラーゲン にんじんジュースインスタライブ にんじんジュース
りんご1本、にんじん1本、レモン汁1個と覚えやすいレシピもうれしい。
ワタナベマキ 今井恵 ニッピコラーゲンインスタライブ にんじんジュース
冷たい液体にもサッと溶けやすいニッピコラーゲン化粧品の粉末コラーゲン。コップ1杯につきスプーン1杯分を加えてよく混ぜます。
ワタナベマキ ニッピコラーゲンインスタライブ にんじんジュース
あっという間にジュースの完成。マキさんも最近は毎日、このジュースにニッピコラーゲン100を入れて飲んでいるそう。「コラーゲンは肌だけでなく骨を強くすることにも必要な成分だと聞き、母にも勧めました」
ワタナベマキ 服部俊治 ニッピコラーゲンインスタライブ にんじんジュース
ニッピバイオマトリックス研究所のコラーゲン博士こと服部俊治先生も「おいしい!」と絶賛。「コラーゲンはたくさん摂っても身体に害はありません。いろいろな飲み物にぜひ活用してください」
/

recipe1

にんじんジュース


材料(2人分)
にんじん…1本
りんご … 1個
レモン … 1個
コラーゲンパウダー(ニッピコラーゲン100) … 約大さじ1

作り方
1.にんじんとりんごはスロージューサーに入る大きさに切る。レモンは皮を除き、4等分に切る。
2.ジューサーにレモン、にんじん、りんごを順に入れる。グラス2つに等分に入れ、ニッピコラーゲン100を等分に入れて溶けるまで混ぜる。


■冬の養生その2■
寝る前におちょこに一杯。甘酒×しょうがの温めドリンク

もうひとつのレシピは「甘酒しょうがドリンク」。「飲む点滴」と言われるほど栄養価の高い甘酒。マキさんも毎晩、おちょこに一杯ほど飲んでいるそう。

「冬はホットがおすすめです。小鍋で温めて、すりおろしたしょうがを入れるだけ。甘酒だけだと甘すぎるという人でも、しょうがが入ることで甘さが抑えられて飲みやすくなり、温め効果も期待できますね」

ワタナベマキ ニッピコラーゲンインスタライブ 甘酒しょうがドリンク
温かい甘酒にもサッと溶けるコラーゲンパウダー。ほんのりとしょうがが香り、身体がじんわりと温まります。甘酒は砂糖などが入っていないものがおすすめ。米麹甘酒のほか酒粕甘酒でも。

recipe2

甘酒しょうがドリンク


材料(2人分)
甘酒 … 200ml
しょうがのすりおろし … 小さじ1/3
コラーゲンパウダー(ニッピコラーゲン100) … 約大さじ1

作り方
1.小鍋に甘酒を入れて温める。
2.しょうがとニッピコラーゲン100を加え、コラーゲンが溶けるまで混ぜる。

※当日のインスタライブは「ニッピコラーゲン化粧品」のインスタグラムアカウントから。


■冬の養生その3■
腸内環境も整う、食べるぬか!?

最後に紹介してくれたレシピは「炒りぬかサラダ」。ぬかというと一番にぬか漬けを思い浮かべますが、マキさんのおすすめは、ぬかを炒ってそのまま食べることだそう。

「新鮮な生のぬかをフライパンで4~5分乾煎りすれば『炒りぬか』の完成。きなこやナッツのような香ばしい味と香りで料理のアクセントになるんです」

今回はこの「炒りぬか」をグリーンサラダにトッピング。ぬかは玄米を削ったものなので栄養価が高く腸内環境が整う効果も期待できます。
「自宅で玄米を精米しているなら、ぬかを捨ててはもったいない!ぜひ、炒りぬかにして活用ください。市販の炒りぬかも売っていますし、近くにお米屋さんがあれば新鮮な炒りぬかが手に入ると思います」

ワタナベマキ ニッピコラーゲンインスタライブ 炒りぬかサラダ
ベビーリーフなどお好みの野菜で。アーモンドを加えると食感のアクセントになり、炒りぬかとの相性も◎
ワタナベマキ ニッピコラーゲン インスタライブ 
ぬか漬け歴も長いというマキさん。「ぬか漬けに挑戦したいけど混ぜるのが億劫という方にも、炒りぬかはおすすめです」
/

recipe3

炒りぬかサラダ


材料(2人分)
炒りぬか … 大さじ1
ベビーリーフなど … 適量
アーモンド(乾煎りしたもの) … 5~6粒
塩 … 小さじ1/3
レモン汁 … 小さじ2
オリーブオイル … 大さじ1

作り方
1.器にベビーリーフを盛り、炒りぬかをふりかけ、刻んだアーモンドを散らす。
2.塩をふり、レモン汁とオリーブオイルを回しかける。


■冬の養生その4
クウネル世代におすすめの冬食材は?

最後に、マキさんに冬の養生におすすめの食材を教えてもらいました。
「冬は身体を温める根菜が旬ですが、とくにおすすめなのが『ゆり根』です。ゆり根ごはんやスープのほか、蒸してオイルと塩でシンプルに食べるのもおいしいですよ。 女性の機能にも良いそうなので、見かけたらぜひ買ってみてくださいね」

おいしそうな料理を教えてもらいながら、あっという間に30分のライブが終了。ニッピコラーゲン化粧品のインスタグラムアカウントでアーカイブが見られますので、見逃した方や、もう一度見たいという方はぜひ、ご覧になってください。

ワタナベマキ ニッピコラーゲンインスタライブ 服部俊治 今井恵
マキさんも活用しているニッピコラーゲン化粧品のニッピコラーゲン100。体内に吸収されやすい低分子コラーゲンで、無味無臭のため、飲み物のほか、毎日の料理にも使えます。

「コラーゲンが気になる!」という方は……
大人美容のカリスマ・山本浩未さんが説くビューティー5つの極意とは?コラーゲン入りコーヒーゼリーのレシピも大公開!
上質コラーゲンたっぷりのフードメニューを楽しめる素敵カフェ。『ニッピカフェ銀座』をレポート!

キーワード