【おこもりごはん】オイルサーディン缶をアレンジして「もう一品」に。「缶づめ料理研究家」が提案します。

缶詰 オイルサーディン

買い物に行けないようなとき、長期間ストックしておける缶詰はとても便利な食材。「缶づめ料理研究家」の黒瀬佐紀子さんに、シリーズでレシピを教えてもらいます。今回はオイルサーディンを。3行程のみなのに、味は本格的です!

●オイルサーディンのトマト柚子こしょうかけ
トマトの酸味と柚子こしょうの上品な辛味が、青魚特有の生臭さを消してくれます。火を使わず簡単。

缶詰 オイルサーディン

■材料(2人分)
オイルサーディン缶… 1 缶(105g)
トマト… 1 個
柚子こしょう… 小さじ1/4
青ねぎ… 適量

■作り方
①トマトは1㎝角に切り、缶のオイル大さじ 1、柚子こしょうを混ぜて5分ほどおく。
②オイルサーディンと①を盛り合わせる。
③ 2㎝長さに切った青ねぎを散らす。

●オイルサーディンの南蛮漬け風
通常、イワシを揚げますが、缶詰を使えばその作業は省略! 作り置きメニューとしてもおすすめです。

缶詰 オイルサーディン

■材料(2人分)
オイルサーディン缶… 1 缶(105g)
にんじん… 40g
セロリ… 30g
クミンシード… 小さじ1/4 酢… 大さじ1/2
塩…少々
砂糖…ひとつまみ

■作り方
①にんじんとセロリは千切りにする。
②フライパンに缶のオイル小さじ2とクミンシード、①を入れて炒め、野菜がしんなりしたら火を止めて、塩、酢、砂糖を入れて全体を混ぜる。
③器にオイルサーディンを盛り、②をのせる。



キーワード