桃やラーメンだけにあらず。『日本橋ふくしま館 MIDETTE』で、福島の日本酒やグルメを堪能。

日本橋ふくしま館

銀座・日本橋界隈には地方のアンテナショップが多数あります。今回は、福島のアンテナショップに行きました。

東日本大震災から今年でもう9年になるのですね……。これを機にというのも変ですが、ずっと行ってみたかった福島のアンテナショップ『日本橋ふくしま館 MIDETTE』に行ってきました。
昨年秋にオープンして話題となった『コレド室町テラス』のそばにあり、ます。『三重テラス』や、『奈良まほろば館』、『ここ滋賀』など、アンテナショップがいくつかあり、少し歩くだけで、日本各地のおいしいものを手に入れられる魅惑的なエリアです。

MIDETTE(みでって)は福島の方言で、「見てね、来てみてね」というお誘いの気持ちを表した方言なのだそう。2014年のオープン以来、福島の魅力や元気を発信しています。

何といっても圧巻なのは、日本酒の品ぞろえ!とても親切な店員さんが、すごーくていねいにおすすめを紹介してくださいました。(スタッフのみなさん、とても優しい!)

特産品・桃にまつわる商品も多く、桃好きとしてはテンションが上がります。おさげ髪少女のロゴ(名前はとくにないらしい…)が印象的な「べこの乳」の乳製品もいろいろと置いてありました。館内のフードコーナーでは、日本酒の飲み比べ(3種で500円)や「べこの乳」ソフトクリームなどがいただけます。季節ごとのフルーツを使ったパフェが名物ですが、いまの時期はいちごパフェ(1000円)。ハート型のいちごにニンマリします。

フルーツ、日本酒、ラーメンなど福島はおいいしものの宝庫ということを実感。旅気分が味わえるアンテナショップ巡り、クセになりそうです。

クリーミーで濃厚な「べこの乳」ヨーグルト

いちごがたっぷり入って1000円!

「べこの乳」ソフトクリームがのったコーヒーフロート。ハート型いちごをサービスでつけてくださいました。

日本酒の種類がすごい!

だるまのガチャガチャ、だるみくじ。一回500円。

工芸品もいろいろ。

この日のお買い物。

起き上がり小法師は会津の伝統工芸品。復興の象徴でもありますね。

/

キーワード