【島田順子さん80年の軌跡①】パリコレ参加40周年、年齢も80歳を迎え、節目の年となりました。

島田順子 生き方

パリコレデビューから40年、現在も第一線で活躍する島田順子さん。 本来の素晴らしい魅力に、パリで培われたセンスが加わり、更新し続けるパワーの源は?島田さんのおしゃれと仕事のこと、これまでのこと、そして今を連載でお伝えしていきます。

◎島田順子として80年

島田順子 生き方
チュニック風にアレンジされたボーダートップスで腰回りをさりげなくカバ ーし、胸元のスリットで適度な抜け感を。プルオーバー¥29,700・パンツ¥29,700円(ともに49AV.junko shimada/ ジュンコシマダ 電 03-5652-5650) ※この中でクレジットの記載のないものは、島田さんの私物です。

55年前にフランスに渡った若き女性、 島田順子さん。憧れのパリで暮らし、 ひたむきな情熱と人との出会いに恵まれて、仕事をして、恋をして、逞しく 自由に生きてきた人です。「気がついたらこんな年齢になっていて、自分でも驚く」という80歳。その純粋な心は当時と変わらず、パリ郊外の家で仕事の傍ら、自然の美しさに感動し、心満たされる日々を過ごしています。

◎『JUNKO SHIMADA』のデザイナーとして40年

島田順子 生き方
ジュンコシマダの真骨頂でもあるレオパードプリントに合わせたのは、定番のボーダーTシャツ。赤のボーダーがアニマル柄との相性抜群。

これまで80回発表してきても満足することは一度もなくて、「次回はもっとよくなるかも」という期待が、パリコレクションを40年続けてこられた原動力だといいます。そんなふうに前を向いて走り続けてきたデザイナーとしての島田さん。「まだ続けていてもいいのかしら」と思いながらも「デザイン画を描き出すと嬉しくて」、次なるコレクションのアイデアが生まれます。

『ku:nel』2021年9月号掲載

写真 Ylias Nacer(島田さん)/協力 中西千帆子、島田今日子/編集 黒澤弥生

そのほか気になる島田順子さんの記事
島田順子さんのパリ郊外での暮らし。気の合う若き隣人たちと送る、賑やかな生活。
島田順子さんがコロナ禍に思うこと。小さな幸せに感謝して生きることの大切さ。
「現実にパラダイスは存在する」。島田順子さん、ロックダウンで変わった仕事と暮らし。
デザイナー・島田順子さんの愛する「魂を持つ」アクセサリー。
公開!島田順子hair styleのつくりかた。整えないでナチュラルに。

キーワード