信州発の隠れた名品!厳選した栗の風味とこだわりがぎゅっと詰まった「栗みつ」は、特別なおいしさ。【#わたしジャーナル】

信州土産 竹風堂 栗みつ

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、#クウネル500円おやつ からピックアップ。長野県在住の@mk___2017さんに、手頃なのにおいしい、そんな地元の名品である『竹風堂』の「栗みつ」を教えていただきました。

長野県内で13店舗を展開する地元の和菓子店『竹風堂』。栗粒あんを使用したどら焼きや「栗もなか」など、日本産の栗を使ったさまざまな栗菓子が人気です。

栗菓子が自慢とあって、栗に対するこだわりがとにかくすごい!竹風堂では、地元の小布施栗を中心に、国内産の“優良栗”のみを使用。毎年、約2ヶ月間にわたる収穫時期には、産地での出来具合を吟味、厳しくチェックして仕入れているそうです。厳選した新栗を新鮮なうちに、糖度や柔らかさの加減を用途に応じて、自家仕込みをしています。特に栗菓子に使われる栗あんの深い色合いは栗に熱と糖分、煉りの力が加わった結果、自然に生まれたもの。余計な手は加えず、素材らしさを大切にお菓子作りを行なっています。

さて、今日ご紹介するのが、こちらの「栗みつ」。生のむき栗を蜜煮して長期間漬け込んだときにできた蜜を瓶詰めにしたものです。この蜜には、栗のエキスがたっぷり溶けています。用途はコーヒーや紅茶、バニラアイスやあんみつなどにかけていただくのがおすすめ。また、煮物などの料理にも加えると、深い味わいをプラスしてくれるとか!

ちなみに生栗の皮むきは手作業で行われていて、ひとつひとつ、丁寧に包丁で鬼皮と渋皮を剥いていくそうです。コツと根気が必要な大変な作業によって、自然な栗の風味を最大限に引き出したこだわりの「栗みつ」が誕生します。まさに、おいしさとこだわりが詰まった逸品ですね。

栗みつ ¥410(410g)。竹風堂の喫茶で食べられる、あんみつやかき氷でも使用されている。

/

「栗ソフトを堪能しに竹風堂へ。年中販売されているけれど、秋になったら食べに行くことを季節の楽しみにしています。そして、今回知ったのがこの『栗みつ』。1瓶410円、1kg入りも900円で買えるお手頃価格が嬉しいですね。秋の仕込み時に、栗を糖蜜に漬けて長期保存すると出来るのがこの栗みつ。さらりとした感じの蜜で、かき氷やバニラアイスにつけたり、スポンジ生地に浸して、マロンアイスを乗せてパフェなんてどうだろう?大学芋のタレにちょっと入れても合いそう!と、楽しみがまた増えました!」

そして、『どら焼き山の栗粒あん』『おーぶっせ』も、栗のおいしさが詰まった間違いないおいしさ!

どら焼山 栗粒あん ¥216。こだわりの栗粒あんと、それを挟む皮のやわらかさが、今までにない贅沢さ!

「おーぶっせ くり」¥162。ふんわり、しっとり感のあるブッセ生地に、栗あんを生かしたマロンペーストをサンド。

/

栗菓子の他にも、今の季節に食べたい栗おこわなども人気のようです。

本店は小布施ですが、長野駅付近にも2店舗があるので、信州土産としてもおすすめ。もちろん遠方の方は、オンラインショップからでも!長野が誇る銘菓、ぜひ一度お試しあれ。


◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード