いろいろ試して辿り着いた「私流洗顔道」。「オイル洗顔にしたら肌がふっくらしました」

三尋木志保

オイル美容液というとべたべたするのでは?というイメージを持っているひとは多いと思います。しかしオイルの濃密なテクスチャーは汚れをすっきり落としてくれ、乾燥しがちな肌状態も安定させてくれます。今回はそんなオイルを使ったライター・三尋木志保さんの洗顔方法について紹介していきます。

明るくイキイキとした肌をもつ三 尋木志保さん。美容についての記事を執筆し、知識も豊富。そんな三尋木さんが自分なりの洗顔道を見つけたのは今から約15年前のことです。 「オイル美容が流行り始めた頃です。 良さそうだなという興味から、まず朝の洗顔に取り入れてみることに。 ぬるま湯で洗顔した後、オイルをつけて軽くリンパを流してから蒸しタオルで包みます。最後に冷水ですすいで肌を引き締めて完了です」

シゲタ オイル
コヨリ

右の「シゲタ」のオイルはローズの香りが心地よく、濃密なテクスチャーでじっくりケアしたい日に。左の「コヨリ」はサラリと美容液感覚で使え、時間のない朝も便利。
シゲタ
オイル

オイルを手にとって温めてからマッサ ージ。「デコルテまでが洗顔。くるくると首周りも軽くリンパを流します 」

オイルのスチームパックは毛穴を開かせて汚れをすっきり落としなが ら、後肌はしっとり。続けるほどにオイルで肌がふっくらするようになり、乾燥しがちな肌状態も安定、保湿やメイクを見直すきっかけにも。 「今はコンシーラーとお粉のみ。ファンデーションは着物を着る日に塗 るだけです。そうすると夜の落とす ケアもシンプルで肌に負担なく済むんですよね。オイルやクレンジングは気分で変えて楽しんでいます」

夜のクレンジング&洗顔

STEP1 クレンジングは軽い質感のものを 愛用。右から「キュレル」のジェル、 「アルジェラン」のミルク「シゲタ」のミルク。「たっぷり使って肌をこ すらないようにしています」

STEP2 泡洗顔するのはベタつきが気にな った時のみ、部分洗い。「山田養 蜂場」の洗顔フォームはポンプを 押すと弾力と持ちのいい泡が出て、 ポイント洗いにも重宝するそう。

/

『ku:nel』2021年1月号記載

カメラマン 玉井俊行

●その他スキンケアのトピックいろいろ

【美容界ふり返り・2017年編】美容医療に化粧品が近づいたことで実現。夢の若返りスキンケア。

【美容界ふり返り・2018年編】低価格で高クオリティ、自宅でエステ気分も味わえる。バラエティに富んだスキンケア。

私らしい、 肌と暮らしの育み vol.2。菜木のり子さんのスキンケアの変化とは?

最後の砦?!ラグジュアリースキンケアブランド『ラ・プレリー』プラチナムレアコレクションのクリームがすごい。

キーワード