【美容界ふり返り・2017年編】美容医療に化粧品が近づいたことで実現。夢の若返りスキンケア。

たゆまぬ進化を続ける美容業界。クウネルがリニューアルした2016年からの5年間でも、常識を超えたり、覆されるような研究成果や新商品が登場しました。その流れを振り返りつつ、これからの美容トレンドをビューティサイエンティストの岡部美代治さんと読み解いていきます。 この5年間の中で、一番のインパクトと言えば、 化粧品でシワが改善できるようになったこと。皮膚科学や大気汚染対応でシミに立ち向かい、健康的な美白を実現可能にしました。今回は、今にも続くシワ改善コスメブームの、火つけとなった2017年のトレンドスキンケアをご紹介します。

化粧品でシワが消える!

ニールワンを配合し、シワ改善効果があると厚生労働省に認可された、ポーラのリンクルショットが登場。「美容医療に化粧品が近づいたと感じさせられた最たるものです」(岡部さん)。

右:シワ改善力が進化!コンドロイチン硫酸に着目した進化版。
リンクルショ ット メディカル セラム(医薬部外品)20g ¥13,500
(ポーラ 0120-117111)
左: 純粋レチノールでシワ改善
純粋レチノールでコラーゲンを生み出す。
エンリッチド リンクルクリーム(医薬外品)15g ¥5,800(価格は編集部調べ)
(エリクシール  0120-770-933)

徹底美白には、 大気汚染対応も必須に。

「排気ガスやPM2.5などの大気汚染が肌内部で活性酸素を生成、くすみやシミ、シワなどを引き起こしていることに対応する、美白コスメやUVカットアイテムがたくさん登場するように」(岡部さん)。

右:炎症ケアで色ムラのない肌へ
大気汚染の肌影響にいち早く着目。
イーブン ベター ブ ライター エッセンス ローション(医薬部外品)200mℓ ¥6,500(クリニーク 電:0570 -003-770)
左:保湿もメイク効果も
UVカットし、環境要因からも肌を守る。
SPF50・PA++++ アトモスフィアCCクリーム 30g ¥8,500(価格は編集部調べ)(SK- II 電:0120-021325)

クレンジングは、オイルからバームへ。

「スルスルっと肌に伸びて、洗い流した後の肌にヌメリ感が残らない、ハードなメイクも落とし、さらにダブル洗顔の必要がないと、クレンジングバームが人気に」(岡部さん)。

オフしながら肌ケア
刺激に弱い肌のバリア機能をサポー ト。
デュオ ザ 薬用クレンジングバーム バリア(医薬部外品)90g ¥3,600
(プレミアアンチエイジング 0120- 557-020)

幹細胞研究を応用したコスメが続々。

「コスメデコルテが2015年に、幹細胞研究に着目したiP.Shotを誕生させていましたが、ロート製薬が脂肪幹細胞が生み出す肌再生成分をスキンケアに応用。注目を集めました」(岡部さん)。

見違えるほどのハリ肌に
再生医療業界で注目を集めていた、細胞復活の新知見を応用。
エピステーム RXショット 8mℓ×4本 ¥38,000(ロート製薬  03-5442-6008)

3D解析で シミに立ち向かう。

「コーセーが初めて、シミのある部分の皮膚構造を3D解析。シミを作り出すメラノサイトの様子がわかったことで、根本からの美白ケアに必要なことがわかるように」(岡部さん)。

シミの元を無色化。
コウジ酸がシミの発生源にアプローチ。
ONE BY KOSÉ メラノショット ホワイト D(医薬部外品)40mℓ ¥5,300(価格は編集部調べ)(コーセー 0120-526-311)

●美容界ふり返り シリーズはこちら
【2016年編】より人を幸せにする美容へ。皮膚科学に基づいた大人スキンケア。

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 池田 敦 Pile Driver/取材・文 河村美枝 /編集 河田実紀 Hata-Raku

キーワード