人生は素晴らしい冒険 ムーミンの親・トーベ・ヤンソンの人生を描く映画『TOVE/トーベ』公開中

TOVE

日本をはじめ世界中で愛される、ムーミンの原作者として知られるフィンランドの作家トーベ・ヤンソン。自由を求め続けた彼女の半生と、知られざるムーミン誕生の舞台裏を描いた映画『TOVE/トーベ』が、公開中です。

舞台は1940年から1950年代のフィンランド。トーベ・ヤンソンは彫刻家の父、挿絵画家の母を持つ芸術一家に生まれ、画家としてキャリアをスタート。第二次世界大戦中に不思議なムーミントロールの物語を描き始めましたが、イラストをアートとは認めない厳格な父と衝突。そんな父から逃げるように、爆撃によって廃墟のようになったアパートの一室を借りて、本業の絵画制作に打ち込んでいきます。

30代でムーミン小説の第1作となる『小さなトロールと大きな洪水』を出版。

忠実に再現されたという、アトリエの素敵なこと!真似したいインテリアが詰まっています。

/

芸術家の仲間と交流するなか、さまざまな運命の出会いが。特に恋人となる政治家、作家、ジャーナリストのアトス・ヴィルタネン、女性の舞台演出家・ヴィヴィカ・バンドラーは、彼女の仕事にもプライベートにも大きな影響を与えていきます。

スナフキンのモデルとなったアトス。長年の恋人であり、ムーミン執筆の良き相談相手。

トーベの恋人、ヴィヴィカとは、トフスランとビフスランと呼び合い、お互いにしか通じない言葉や暗号で愛を伝え合った。

/

長年トーベを支え、ムーミンの連載を勧めたアトスは、スナフキンのモデルに。またトーベと初めて激しい恋に落ちた女性・ヴィヴィカは、ムーミンの舞台を成功させ、トーベが舞台芸術の仕事をするきっかけを作ります。当時のフィンランドでは犯罪とされていた同性愛を隠すため、お互いをトーベの頭文字「To」からトフスラン、ヴィヴィカの「Vi」からビフスランと呼び合い、ムーミンに登場する仲良し2人組、トフスランとビフスランのモデルになりました。2人とも、恋人関係を解消した後も生涯にわたって友情が続いたというのも、トーベの人柄が伝わってくる気がします。

舞台演出家ヴィヴィカの強い勧めで、ムーミンの物語を舞台化。

アトリエで1人、ムーミンの影絵をするシーンも印象的。

/

終盤には、トーベが人生をかけて愛したパートナーで、グラフィックアーティストのトゥーリッキ・ピエティラとの出会いも。彼女もムーミンに登場するトゥーティッキ(おしゃまさん)のモデルになっています。

作中にたくさん登場するムーミン。

ジャズをかけながら、トーベが絵を描いたり、踊るシーンも印象的。

本作では今まであまり知られていなかった、トーベの30代から40代までを描く。

/

この映画を観ると、ムーミンの物語は自由を求め、自分らしさを追求したトーベの人生から生まれたことがよくわかります。劇中に「人生は素晴らしい冒険」というトーベの台詞があるのですが、人生も仕事もやりたいことを諦めない姿勢からは、きっと勇気をもらえるはず。ムーミンファンはもちろん、多くの人に観ていただきたい作品です。

取材・文 赤木真弓

キーワード