Promotion

<美肌部・第四回>「肌が柔らかく整ったことで、小鼻の黒ずみも減った気がします」

デルメッド 小林沙矢香さん

<美肌部>活動報告 第四回目は、かご編みや金継ぎなどの手仕事を、暮らしのなかで楽しんでいる小林彩矢香さん。20代の頃に愛用していたというデルメッドと、この度しばらくぶりに再会。「プレミアム」に進化していたコスメの、リッチな使用感と確かな手ごたえに驚き、肌のお手入れを見直すきっかけになったと話します。

「美容好き」を自認する小林彩矢香さん。いろいろなスキンケアを試すなかで、このごろは化粧水+オイルというシンプルなお手入れをしていたといいます。

「あまり手をかけすぎも良くないかな?と思い、ミニマムなスキンケアにしばらくは落ち着いていました。でも今回の<美肌部>活動でデルメッドプレミアム シリーズを使って、 医薬部外品ならではの手ごたえを実感しました。使い始めてから、肌がやわらかくなりキメが整ったせいか、気になっていた小鼻の黒ずみがきれいになったんです。これは個人的な感想なのですが、肌がふっくらしたことで、毛穴に詰まっていた汚れも押し出されたのかな?」

肌の奥にまで届くようにと、ギュッと押し込みながらスキンケア。

「リッチな使用感で、お手入れしながら『肌をいたわっている』と実感できます」

少したっぷり目に使うのが、小林さん流。

/

十数年前にデルメッドを使っていたという小林さん、久しぶりに触れて、その進化に驚いているといいます。

「歳を重ねた自分の肌にとてもしっくりきています。プレミアム ローションプレミアム エッセンスを肌にプレスするようにつけると、だんだんと潤っていくのを感じますね。気になっていた乾燥もなくなり、肌質がいい状態で均一になりました」
特に気に入っているのはプレミアム クリーム No.1。夜たっぷり使うと翌朝、肌のトーンが上がっていて鏡を見て気持ちが浮き立つのだと微笑みます。

デルメッド 小林さん
特に気に入ったという プレミアム クリーム No.1 。「ローションエッセンスで潤いがいきわたった肌に、しっかりフタをしてあげるイメージです」

日ごろからお手入れに励んでいる小林さんに、毎晩のルーティーンを伺いました。「スキンケアとともに気を付けているのが、頭皮ケアです。頭皮は顔につながっているので重要だと思っています。頭皮をマッサージしてやわらげると、ゆるっとしている肌もピンとハリが出るんですよね」

入浴後の頭皮マッサージはスキンケアとセットで、ソファでゆっくり時間をかけて。濡れた状態のときに電動マッサージブラシで、頭皮をほぐしてあげるのが日課です。

お風呂上りにソファでゆっくり頭皮マッサージ&スキンケアが、毎晩のお手入れの基本。

顔や腕などもマッサージ。頭皮ケアは話題の<デンキバリブラシ>を愛用。

/

「頭皮ケアとともに気を付けているのが、日々の表情。マスク生活だとどうしても、口元の緊張感も無くなってしまいますが、マスクの下でも口角をあげて笑顔をつくるようにしています。そうすると自然と目にも力が宿り、生き生きとした雰囲気になるかな~と思って」

手を動かすのが好きで、趣味でかご編みや金継ぎを楽しんでいる小林さん。作業に熱中するとどうしても眉間にしわが寄ったり、表情が険しくなってしまいがちですが、そういうときも表情を柔らかく口角アップを心がけているそう。「日々のスキンケアで肌をいたわりつつ、表情を明るく保つことで、すこやかな雰囲気をつくりだしていけるのではないでしょうか」

「自分でつくれたら楽しいかも」と、かご編みの教室に通い、山ぶどうのかごを自作。

骨董の器は「金継ぎ」の技術で補修。

なんと4匹もの猫と暮らしている。一番大きな「こどもちゃん」を抱いてにっこり。

右が保護猫のウニ。左は実家の庭に居ついていたタラ。

/

今回使用したデルメッドのスキンケア品

デルメッド 小林さん
左から) プレミアム UVベイス 3,300円(本体価格3,000円) 、 プレミアム エッセンス 8,800円(本体価格8,000円)、 プレミアム ローション 7,700円(本体価格7,000円) 、プレミアム クリーム No.1 14,300円(本体価格13,000円) 。成分開発から手掛ける化粧品ブランドならではの、パワフルな成分が贅沢に配合され、気になるハリやシミをケアしてくれます。」

●そのほかの<美肌部>の記事はこちら

特設サイト 美肌部〜 デルメッドのスキンケアで大人肌整う
<美肌部・第一回>やくぜんもとこさん/ツヤ増しで「小顔に見える」という意外な反応も?!薬膳の食卓で内側からも整えます。
私らしい、 肌と暮らしの育み。美木ちがやさんのスキンケア哲学とは?
<美肌部・第二回> 保湿力抜群のローション&エッセンスで、クリームを塗るのを忘れてしまうほど。
<美肌部・第三回> 「パワフル処方なのに香りも素晴らしい。スキンケアが癒しの時間に」

写真 中島慶子/取材・文 鈴木麻子

キーワード